どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビーバです。

毎度お馴染み、檜枝岐釣行の後は「夜の荒川怖いよ症候群」を発症し、もはやツリーバからこのカテゴリーをなくしてしまおうかと思うほどに怯えていたのだが、やはりなんとしてでもトップウォーターで釣りたい、そしてトップウォーターの魅力をみなさんにお伝えしたい、勇気を振り絞り時折くじけそうになる気持ちを奮い立たせ、夜の荒川ダンディズムへと向かった。

9月20日 20時30分~21時40分

大潮下げ3分ぐらい

曇り

微風

河川敷は蒸し暑い

ここ最近は猫ポイントからのエントリーが多かったので、心霊開墾ポイント先端からエントリーすることにし、川へと降りて行く。

よしよし。誰もいないぞ。ベイトはたっぷりいるぞ!

シーバスに追いかけられているような仕草も見える。

まずはアップで沈んでいるストラクチャー周辺を引いてみると騒がしくはなるのだが、シーバスが出てくる事はない。

次にダウンで岸際キワッキワを引いてみると、

ズパーン!

乗らない。。。

とそこへ一人のアングラーが中心地点からエントリーしたので、そちら側へはキャストせずにアップへとキャストし様子を見るがやはり反応はない。

暗闇の中、何かこちらを気にしているように見えるアングラー。

少しずつ近づいてくるアングラー。

はて、オヤジZさんだろうか。はたまたモトクロスのチームメイトだろうか。

気が付くとすぐ後ろまで来ている!

背中で気配を感じていると声をかけられた。

すみません、あの、ミニエントをさっきそこにひっかけてしまって、取ってもいいですか?

やばい人でなくてよかったとホッとしながらどうぞどうぞ、気を付けてくださいと言うと、見つけられたようで、お礼を言って帰っていった。

なんて礼儀正しい少年なのだ!きっと親御さんもいい方なのだろう。

先ほどのズパーン!以降は反応がないので、猫ポイントへと大きく移動する。

あれ?どうしたんだい?クリスティーン。

今日はずいぶんとご機嫌じゃないか。

何かいい事でもあったのかい?

いつもは杭によりかかり、傾き、物憂げなクリスティーンだが、今日は輝いて見える。

無口なのは変わらないが。

ストラクチャーキワッキワを引いてくると、

ズパーン!

乗らない。。。

てかなんだよこの結界みたいなの!こえーよ。。。

少しスライドし、心霊開墾ポイント根本で同じように引くと、

ズパーン!

乗らない。。。

あぁ、荒川の神様、今夜もまたワタシに厳しい試練をお与えになるのですね。

今回もトップウォーター縛りのドM釣行、耐えようじゃないか。

そんなことをしているとさっきまで無人のように見えたストラクチャーポイントにアングラーなのかわからないが人がいるようなので、心霊溺死ポイントへと秘密のアプローチ方法で入ってみるが、こちらは無反応。

少し移動すると、

!!!!!!!!!!!

こ、これ、焼死体だろ。。。やばいやつだろ。。。

でもシーバス出るかもしれないから、ルアーキャストしてから通報しよう。しかしシーバスの反応はなく、恐ろしくて恐ろしくて一時も早くここから出たい。

恐る恐るライトを照らす。

木!

もう!

焦げた木!

まじこえーよ。。。

木と判明しても怖いのでそそくさと今年はまだトップウォーターで出せていないMMMポイントへと大きく移動する。

さぁみなさんご一緒に、MMMポイントのMは、

ドMのM!

うんともすんとも。。。

飽きてきた!

上流秘密のコウモリポイントへ行くと先行者がおられたので、さらに上流へと向かう事も考えたが、なんとなく乗り気になれず今回は3ズパーン!に満足してここで納竿することにした。

釣り上げるだけが釣りではない。どこで、何で、どうやったら、どのように魚が反応したのかを楽しむのもまた釣りである。なぜなら次への期待へと繋がるからだ。

トップウォーターで反応するうちはしばらくトップ縛りのドM釣行を続けたいと思う。

黒木メイサに怒られたい。。。

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/C3CA2CB5-CCF5-4C9E-9091-F009803447DB.jpeghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/C3CA2CB5-CCF5-4C9E-9091-F009803447DB-150x150.jpegtsuri-ba荒川のシーバスフィッシングシーバス,トップウォーター,焼死体,秋,荒川どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビーバです。 毎度お馴染み、檜枝岐釣行の後は「夜の荒川怖いよ症候群」を発症し、もはやツリーバからこのカテゴリーをなくしてしまおうかと思うほどに怯えていたのだが、やはりなんとしてでもトップウォーターで釣りたい、そしてトップウォーターの魅力をみなさんにお伝えしたい、勇気を振り絞り時折くじけそうになる気持ちを奮い立たせ、夜の荒川ダンディズムへと向かった。 9月20日 20時30分~21時40分 大潮下げ3分ぐらい 曇り 微風 河川敷は蒸し暑い ここ最近は猫ポイントからのエントリーが多かったので、心霊開墾ポイント先端からエントリーすることにし、川へと降りて行く。 よしよし。誰もいないぞ。ベイトはたっぷりいるぞ! シーバスに追いかけられているような仕草も見える。 まずはアップで沈んでいるストラクチャー周辺を引いてみると騒がしくはなるのだが、シーバスが出てくる事はない。 次にダウンで岸際キワッキワを引いてみると、 ズパーン! 乗らない。。。 とそこへ一人のアングラーが中心地点からエントリーしたので、そちら側へはキャストせずにアップへとキャストし様子を見るがやはり反応はない。 暗闇の中、何かこちらを気にしているように見えるアングラー。 少しずつ近づいてくるアングラー。 はて、オヤジZさんだろうか。はたまたモトクロスのチームメイトだろうか。 気が付くとすぐ後ろまで来ている! 背中で気配を感じていると声をかけられた。 すみません、あの、ミニエントをさっきそこにひっかけてしまって、取ってもいいですか? やばい人でなくてよかったとホッとしながらどうぞどうぞ、気を付けてくださいと言うと、見つけられたようで、お礼を言って帰っていった。 なんて礼儀正しい少年なのだ!きっと親御さんもいい方なのだろう。 先ほどのズパーン!以降は反応がないので、猫ポイントへと大きく移動する。 あれ?どうしたんだい?クリスティーン。 今日はずいぶんとご機嫌じゃないか。 何かいい事でもあったのかい? いつもは杭によりかかり、傾き、物憂げなクリスティーンだが、今日は輝いて見える。 無口なのは変わらないが。 ストラクチャーキワッキワを引いてくると、 ズパーン! 乗らない。。。 てかなんだよこの結界みたいなの!こえーよ。。。 少しスライドし、心霊開墾ポイント根本で同じように引くと、 ズパーン! 乗らない。。。 あぁ、荒川の神様、今夜もまたワタシに厳しい試練をお与えになるのですね。 今回もトップウォーター縛りのドM釣行、耐えようじゃないか。 そんなことをしているとさっきまで無人のように見えたストラクチャーポイントにアングラーなのかわからないが人がいるようなので、心霊溺死ポイントへと秘密のアプローチ方法で入ってみるが、こちらは無反応。 少し移動すると、 !!!!!!!!!!! こ、これ、焼死体だろ。。。やばいやつだろ。。。 でもシーバス出るかもしれないから、ルアーキャストしてから通報しよう。しかしシーバスの反応はなく、恐ろしくて恐ろしくて一時も早くここから出たい。 恐る恐るライトを照らす。 木! もう! 焦げた木! まじこえーよ。。。 木と判明しても怖いのでそそくさと今年はまだトップウォーターで出せていないMMMポイントへと大きく移動する。 さぁみなさんご一緒に、MMMポイントのMは、 ドMのM! うんともすんとも。。。 飽きてきた! 上流秘密のコウモリポイントへ行くと先行者がおられたので、さらに上流へと向かう事も考えたが、なんとなく乗り気になれず今回は3ズパーン!に満足してここで納竿することにした。 釣り上げるだけが釣りではない。どこで、何で、どうやったら、どのように魚が反応したのかを楽しむのもまた釣りである。なぜなら次への期待へと繋がるからだ。 トップウォーターで反応するうちはしばらくトップ縛りのドM釣行を続けたいと思う。 黒木メイサに怒られたい。。。 それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン