こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

先日とったザリガニなんですが、丁重に持ち帰りました。でも・・・

くっさいんですよ・・・

硫黄の匂いみたいなウッと来る匂い。
ザリガニ採りをしている時に網にくっついてくる泥の匂い、まんまの匂い。
このままじゃさすがに食材としては成り立たない。

ということで、ザリガニの泥抜き開始。

水を水道水に入れ替え、12時間おきに水を変えてやることに。少し調べてみると、ザリガニは丈夫な生き物らしく、ブクブクもなくても大丈夫らしい(あるに越したことはないが)。

ただ、泥抜きの際には体内の老廃物を全て排出させる必要がある。そのため、泥抜き中は餌を与えてはならない。1週間ぐらいは餌を食べなくても生きていられるらしいですね!

餌を食べないとどうなるか・・・そうです。

お腹が減ります。

お腹が減るとどうなるか・・・・そうです。

仲間を食べちゃいます。

さすがに一つのバケツに15匹を全部入れておくと、共食いしかねない。
そのため、タッパーを使用して大ザリガニをタッパーに入れ替える。

12時間後、水の入れ替え。


くっさいんですよ・・・

相変わらずなんですよ・・・

泥抜き続行。
2日目の夕食時、同居人Eとリビングにて。
同居人Eは3年かけて世界百数十カ国を旅して回った冒険家。なんと3年間、無病息災で旅を続けた鉄人である。そんな彼の危機管理センサーは敏感である。
Eは夕食を作り終わり、リビングのテーブルにセッティングするやいなや・・・

E:ウォオオオオオオ!アメリカザリガニがいる!
僕:あ~、とってきたんすよ。パーティしようと思って!
E:マジ!?なんで?なんでいるの?
僕:・・・・(そんな驚かなくても)
E:なんでいるんすか?!
僕:・・・・?

僕:ウォオオオオオオ!アメリカザリガニがいる!

まさかの脱走事件発生。緑のバケツから這い上がって逃げたのだろうか。このままじゃ食われるとでも思ったのだろうか・・・その通りだけど。

その後、Eからちょっとした説教タイム。確かにシェアハウスという性質上、他人へ迷惑をかけないように気をつけなければならない。以前、ヘラクレスオオカブトの幼虫をベッド上で飼育・羽化させ、退去処分になった人物がいたらしい。そのため、最初は生き物を部屋に持ち込む時は注意していたのだ。が、しばらくは優しい同居人らに甘えて特に気にしていなかった・・・・・。

同居人らへの迷惑も考えて後12時間で泥抜き終了を決定。

12時間後。


クリーン、無臭。

あの鼻を覆いたくなる臭いは何処へやら。もはやこの水を共用の麦茶に投入しても大丈夫なんじゃないか?と思えるほどに透き通った水。丁度良く満足のいく程度に泥抜きが完了してくれました。

でも14匹(1匹死亡)でザリガニパーティができるのだろうか?ザリガニは身が少ないため、もう少し量が欲しいところ。

今日のところは締めて冷凍保存、ザリパ開催計画を練ることに。

ただ、泥抜きしたことある人ならわかると思うのですが、どうしても愛着湧いてきちゃうんですよね・・・・

ちょっと気が進まないのですが、もうここまで来た以上ヤるしかない。

許せ。



秘技、冷凍庫締め。

・・・

許せ。

ザリパ計画進行中。

No Tsuri-ba! No LIfe!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_9134.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_9134-150x150.jpg友益石崎釣りTALKザリガニ,締めこんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 先日とったザリガニなんですが、丁重に持ち帰りました。でも・・・ くっさいんですよ・・・ 硫黄の匂いみたいなウッと来る匂い。 ザリガニ採りをしている時に網にくっついてくる泥の匂い、まんまの匂い。 このままじゃさすがに食材としては成り立たない。 ということで、ザリガニの泥抜き開始。 水を水道水に入れ替え、12時間おきに水を変えてやることに。少し調べてみると、ザリガニは丈夫な生き物らしく、ブクブクもなくても大丈夫らしい(あるに越したことはないが)。 ただ、泥抜きの際には体内の老廃物を全て排出させる必要がある。そのため、泥抜き中は餌を与えてはならない。1週間ぐらいは餌を食べなくても生きていられるらしいですね! 餌を食べないとどうなるか・・・そうです。 お腹が減ります。 お腹が減るとどうなるか・・・・そうです。 仲間を食べちゃいます。 さすがに一つのバケツに15匹を全部入れておくと、共食いしかねない。 そのため、タッパーを使用して大ザリガニをタッパーに入れ替える。 12時間後、水の入れ替え。 くっさいんですよ・・・ 相変わらずなんですよ・・・ 泥抜き続行。 2日目の夕食時、同居人Eとリビングにて。 同居人Eは3年かけて世界百数十カ国を旅して回った冒険家。なんと3年間、無病息災で旅を続けた鉄人である。そんな彼の危機管理センサーは敏感である。 Eは夕食を作り終わり、リビングのテーブルにセッティングするやいなや・・・ E:ウォオオオオオオ!アメリカザリガニがいる! 僕:あ~、とってきたんすよ。パーティしようと思って! E:マジ!?なんで?なんでいるの? 僕:・・・・(そんな驚かなくても) E:なんでいるんすか?! 僕:・・・・? 僕:ウォオオオオオオ!アメリカザリガニがいる! まさかの脱走事件発生。緑のバケツから這い上がって逃げたのだろうか。このままじゃ食われるとでも思ったのだろうか・・・その通りだけど。 その後、Eからちょっとした説教タイム。確かにシェアハウスという性質上、他人へ迷惑をかけないように気をつけなければならない。以前、ヘラクレスオオカブトの幼虫をベッド上で飼育・羽化させ、退去処分になった人物がいたらしい。そのため、最初は生き物を部屋に持ち込む時は注意していたのだ。が、しばらくは優しい同居人らに甘えて特に気にしていなかった・・・・・。 同居人らへの迷惑も考えて後12時間で泥抜き終了を決定。 12時間後。 クリーン、無臭。 あの鼻を覆いたくなる臭いは何処へやら。もはやこの水を共用の麦茶に投入しても大丈夫なんじゃないか?と思えるほどに透き通った水。丁度良く満足のいく程度に泥抜きが完了してくれました。 でも14匹(1匹死亡)でザリガニパーティができるのだろうか?ザリガニは身が少ないため、もう少し量が欲しいところ。 今日のところは締めて冷凍保存、ザリパ開催計画を練ることに。 ただ、泥抜きしたことある人ならわかると思うのですが、どうしても愛着湧いてきちゃうんですよね・・・・ ちょっと気が進まないのですが、もうここまで来た以上ヤるしかない。 許せ。 秘技、冷凍庫締め。 ・・・ 許せ。 ザリパ計画進行中。 No Tsuri-ba! No LIfe!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン