こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

今回は新たな釣り場を開拓しようと旧中川へやってきたのですが・・・

小名木川。

以前、小名木川でも魚が釣れるよ~ってコメントをもらったことがあって、前々から釣りしてみたいと思っていた場所。

旧中川の最下流は、荒川の釣り場紹介で出てきた荒川ロックゲート。ロックゲートより数百m上流には小名木川との合流ポイントがある。中川探索はその付近からスタートする予定だったので、ついでに小名木川へ足を伸ばしてみました。
【荒川釣り場(江戸川区小松川)】旧中川、小名木川にも近い!荒川ロックゲート付近を散策♪

予想以上に釣りやすい環境・・・・。

もう予定変更して小名木川の散策をしようか・・・旧中川合流点近く橋下の石椅子に腰掛けて考えていると・・・


これは・・・・

ピコンピコンピコンピコン

飛行機や夜行バスで使うアレ!見た瞬間に頭上のライトが急点滅♪

こいつでアタリを取ってみたい!

拾いもの釣行癖のある僕には、このオレンジの物体は心をくすぐる何かを持っている・・・・。
予定にはなかったが、一期一会なのが人生。「後日使おう」と持ち帰っても忘れ去るのが関の山。ならば、この出会いを大切に!

ということで、耳栓釣行開始です。

中通しウキも面白そうだが、耳栓を中通しウキにまで変化させ得る道具を持っていない。どうしようか・・・


よく売ってる安いウキについているシモリペットをもぎ取って使用。このパーツは拾い物をウキとして使用するにはかなり便利なツールなのだ。

ただ、なんとシモリ玉部分に穴が開いておらず、結局別のシモリ玉を使うことに。

シモリ玉だけでよくないか?

と思われるでしょう。

いいんです。僕が楽しければ。

・・・

中表層ではアタリなし。

ボラが幼魚が大量に回遊しているが、イソメでは釣れないでしょうね。


今度は底層を攻めてみる。水深は2.5m3mくらい。
まぁくる魚はだいたい予想がつくんですけど。

いいんです。楽しければ。

カヌーを嗜むおば様オジ様方を眺めながらアタリを待っていると・・・

ワサワサワサワサ

耳栓が踊りだす!
一瞬根掛かりかと思ったがが少し力を入れて巻き上げると、結構な強さで潜ろうとします。
これはアイツじゃない!



アイツじゃん・・・・

でも・・・・デカ!

以前、ハゼの仕分けで嫌という程見比べたのでわかるのが、コイツの正体はウロハゼ。「アイツ」とはマハゼのことを指していたので少し意外な客である。
見分けつかん!今まで釣れた「ハゼ」を仕分ける①〜マハゼ、ウロハゼ、チチブ、シマハゼ・・・

境川にてパワイソで釣った時も思ったのだがとにかくゴツい!

体調は20cm弱だが、釣り上げた時「デカ!」と思わせる見た目のインパクトがある。要は太いのだ。


その後、マハゼ2匹追加。

泳がせでまさかの大物ゲットを狙ったが・・・


惨敗。いい加減やめないと旧中川散策の時間がなくなってしまうのでここで納竿しました。

意外なアイテムとの出会いもあったし、面白そうな川。ノリでこのまま探索してみようとも思ったが、またの機会に。

No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_0378.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_0378-150x150.jpg友益石崎釣りTALKウロハゼ,ハゼ,小名木川こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 今回は新たな釣り場を開拓しようと旧中川へやってきたのですが・・・ 小名木川。 以前、小名木川でも魚が釣れるよ~ってコメントをもらったことがあって、前々から釣りしてみたいと思っていた場所。 旧中川の最下流は、荒川の釣り場紹介で出てきた荒川ロックゲート。ロックゲートより数百m上流には小名木川との合流ポイントがある。中川探索はその付近からスタートする予定だったので、ついでに小名木川へ足を伸ばしてみました。 →【荒川釣り場(江戸川区小松川)】旧中川、小名木川にも近い!荒川ロックゲート付近を散策♪ 予想以上に釣りやすい環境・・・・。 もう予定変更して小名木川の散策をしようか・・・旧中川合流点近く橋下の石椅子に腰掛けて考えていると・・・ これは・・・・ ピコンピコンピコンピコン 飛行機や夜行バスで使うアレ!見た瞬間に頭上のライトが急点滅♪ こいつでアタリを取ってみたい! 拾いもの釣行癖のある僕には、このオレンジの物体は心をくすぐる何かを持っている・・・・。 予定にはなかったが、一期一会なのが人生。「後日使おう」と持ち帰っても忘れ去るのが関の山。ならば、この出会いを大切に! ということで、耳栓釣行開始です。 中通しウキも面白そうだが、耳栓を中通しウキにまで変化させ得る道具を持っていない。どうしようか・・・ よく売ってる安いウキについているシモリペットをもぎ取って使用。このパーツは拾い物をウキとして使用するにはかなり便利なツールなのだ。 ただ、なんとシモリ玉部分に穴が開いておらず、結局別のシモリ玉を使うことに。 シモリ玉だけでよくないか? と思われるでしょう。 いいんです。僕が楽しければ。 ・・・ 中表層ではアタリなし。 ボラが幼魚が大量に回遊しているが、イソメでは釣れないでしょうね。 今度は底層を攻めてみる。水深は2.5m~3mくらい。 まぁくる魚はだいたい予想がつくんですけど。 いいんです。楽しければ。 カヌーを嗜むおば様オジ様方を眺めながらアタリを待っていると・・・ ワサワサワサワサ 耳栓が踊りだす! 一瞬根掛かりかと思ったがが少し力を入れて巻き上げると、結構な強さで潜ろうとします。 これはアイツじゃない! アイツじゃん・・・・ でも・・・・デカ! 以前、ハゼの仕分けで嫌という程見比べたのでわかるのが、コイツの正体はウロハゼ。「アイツ」とはマハゼのことを指していたので少し意外な客である。 →見分けつかん!今まで釣れた「ハゼ」を仕分ける①〜マハゼ、ウロハゼ、チチブ、シマハゼ・・・ 境川にてパワイソで釣った時も思ったのだがとにかくゴツい! 体調は20cm弱だが、釣り上げた時「デカ!」と思わせる見た目のインパクトがある。要は太いのだ。 その後、マハゼ2匹追加。 泳がせでまさかの大物ゲットを狙ったが・・・ 惨敗。いい加減やめないと旧中川散策の時間がなくなってしまうのでここで納竿しました。 意外なアイテムとの出会いもあったし、面白そうな川。ノリでこのまま探索してみようとも思ったが、またの機会に。 No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン