どうもこんんちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。

以前、ドローンで魚を探し、魚のいるポイントに仕掛けを投入、そして釣り上げると言う動画を見た事があるのだが、なんと釣り専用のドローンが登場するようだ。

fitch_top

近未来の釣りと言えばマンガやアニメ、ゲームに登場したり、メガバスがリトリーブを完全電動化したベイトリールを作ったりとなかなか流行らないものの、その世界観や思想は確実に存在している。

80年代、90年代の映画なら、例えば、ポケットから取り出した短い棒がビヨーンと伸びて釣竿になり、オートキャスト、オートリトリーブ、魚を自ら見つけ餌を演じるロボットルアーで自動的に釣り上げる。そして、完全オートモードと、リトリーブからはマニュアルになるセミオートの切り替えができ、釣った魚は電子レンジ様のものに放り込むだけで好きな料理になって出てくる。

そんな感じではなかろうか。

釣りをしていると必ず訪れる届かないナブラ。船なら釣れたかも?いや、そこに船がいないと言う事は誰も気づいていない、またはそれを狙う気がない証拠だ。

自分だけのナブラ。どんなに必至にルアーをブン投げても届かない。あともう少し。もしかしたら群れから外れた魚が気づくのではないかと必至に何度も何度もブン投げるが、そのナブラは少しずつ小さくなり、ついには海の中へと消えてしまう。

残ったのは途方に暮れる自分と掴みどころのない虚無感だけである。

しかし、これからはドローンだ!間違いなくドローンがあれば釣れなかった釣りができるのだ。

魚の群れを探す事だってできる。そしてそこまでルアーを運ぶこともできるのだ。

それが釣り専用ドローン「Fitch」

出展:ドローン 専門メディア「DRONE」

近々、ツリーバにもドローンが投入されるかも!?

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2016/10/fitch_top.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2016/10/fitch_top-150x150.jpgtsuri-baニュースドローン,釣りどうもこんんちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。 以前、ドローンで魚を探し、魚のいるポイントに仕掛けを投入、そして釣り上げると言う動画を見た事があるのだが、なんと釣り専用のドローンが登場するようだ。 近未来の釣りと言えばマンガやアニメ、ゲームに登場したり、メガバスがリトリーブを完全電動化したベイトリールを作ったりとなかなか流行らないものの、その世界観や思想は確実に存在している。 80年代、90年代の映画なら、例えば、ポケットから取り出した短い棒がビヨーンと伸びて釣竿になり、オートキャスト、オートリトリーブ、魚を自ら見つけ餌を演じるロボットルアーで自動的に釣り上げる。そして、完全オートモードと、リトリーブからはマニュアルになるセミオートの切り替えができ、釣った魚は電子レンジ様のものに放り込むだけで好きな料理になって出てくる。 そんな感じではなかろうか。 釣りをしていると必ず訪れる届かないナブラ。船なら釣れたかも?いや、そこに船がいないと言う事は誰も気づいていない、またはそれを狙う気がない証拠だ。 自分だけのナブラ。どんなに必至にルアーをブン投げても届かない。あともう少し。もしかしたら群れから外れた魚が気づくのではないかと必至に何度も何度もブン投げるが、そのナブラは少しずつ小さくなり、ついには海の中へと消えてしまう。 残ったのは途方に暮れる自分と掴みどころのない虚無感だけである。 しかし、これからはドローンだ!間違いなくドローンがあれば釣れなかった釣りができるのだ。 魚の群れを探す事だってできる。そしてそこまでルアーを運ぶこともできるのだ。 それが釣り専用ドローン「Fitch」 出展:ドローン 専門メディア「DRONE」 近々、ツリーバにもドローンが投入されるかも!? それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン