どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。

同じ魚でも地域によって釣れる時期やサイズは様々。先日のGWに行った新潟で言えば青物がよく釣れるのは春先からGWまで、そのあとは10月以降となるそうだ。最近は11月を過ぎないとあまり釣れないらしい。

ワタシがよく行く富津エリア、館山エリアにやってくる青物は夏~秋のイメージが強く、夏であればソーダ鰹、秋であればイナダと言ったところだろうか。

数年に一度ではあるが、都内にもワカシの群れが入ってくることがある。

回遊魚なので季節性がとても強く日頃はシーバスやアオリイカを狙っていてもその季節になればタックル流用で青物を狙う方も多いだろう。

そう、ワタシもその一人である。

青物はそれなりのサイズになれば引きが強烈な上に横に走るので油断すると隣のアングラーとお祭り騒ぎになってしまうためライトアクションのシーバスロッドでは少々怖い。

そこでワタシが青物に流用しているのはエギングロッドだ。

大分前に買ったものなのだが、Tail WaikのLeg Lockと言うファーストテーパー、ミディムアクションのそれなりのパワーがあるロッドを使っている。

古め、安めのロッドだが。。。

しかしながらこれの塩梅がとても良く、40センチ~50cmぐらいまでのイナダであればドラグを出さずに横に走られる事もなく、主導権を握ってゴンゴン寄せる事ができる。

4号エギまではキャストができるのだが、メタルジグで言うと30グラムがギリギリ、25グラム程度までが一番投げやすい。

そして肝心のリールだが、良いか悪いかは別として流用できるものを使うのでワタシは日頃シーバスで使用している14カルディア2506と言う浅溝スプールでフィネスドラグ搭載のものを使用している。最近代用機として使っていたレガリス2506もかつては使っていた。

しかしこれでもガッチリとドラグを締めていればイナダクラスならドラグが出る事はなくゴンゴン寄せる事が可能だ。

ただラインだけはいくら太目とは言え日頃使っているツリーバの0.6号では不安なので、同じくツリーバオリジナルPEラインの0.8号でワタシは挑んでいるが、これまでにラインブレイクなどは一度もない。10匹ぐらい釣るとむしろクリップの方がひん曲がってしまう。

みなさんも是非、ツリーバオリジナルPEラインで季節の釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。

いや、是非楽しんでほしい!

ツリーバオリジナルPEラインのツリーバストアはこちら

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/05/DSC_0204.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/05/DSC_0204-150x150.jpgtsuri-ba釣りTALKエギングロッド,ショアジギング,ツリーバオリジナルPEライン,青物どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。 同じ魚でも地域によって釣れる時期やサイズは様々。先日のGWに行った新潟で言えば青物がよく釣れるのは春先からGWまで、そのあとは10月以降となるそうだ。最近は11月を過ぎないとあまり釣れないらしい。 ワタシがよく行く富津エリア、館山エリアにやってくる青物は夏~秋のイメージが強く、夏であればソーダ鰹、秋であればイナダと言ったところだろうか。 数年に一度ではあるが、都内にもワカシの群れが入ってくることがある。 回遊魚なので季節性がとても強く日頃はシーバスやアオリイカを狙っていてもその季節になればタックル流用で青物を狙う方も多いだろう。 そう、ワタシもその一人である。 青物はそれなりのサイズになれば引きが強烈な上に横に走るので油断すると隣のアングラーとお祭り騒ぎになってしまうためライトアクションのシーバスロッドでは少々怖い。 そこでワタシが青物に流用しているのはエギングロッドだ。 大分前に買ったものなのだが、Tail WaikのLeg Lockと言うファーストテーパー、ミディムアクションのそれなりのパワーがあるロッドを使っている。 古め、安めのロッドだが。。。 しかしながらこれの塩梅がとても良く、40センチ~50cmぐらいまでのイナダであればドラグを出さずに横に走られる事もなく、主導権を握ってゴンゴン寄せる事ができる。 4号エギまではキャストができるのだが、メタルジグで言うと30グラムがギリギリ、25グラム程度までが一番投げやすい。 そして肝心のリールだが、良いか悪いかは別として流用できるものを使うのでワタシは日頃シーバスで使用している14カルディア2506と言う浅溝スプールでフィネスドラグ搭載のものを使用している。最近代用機として使っていたレガリス2506もかつては使っていた。 しかしこれでもガッチリとドラグを締めていればイナダクラスならドラグが出る事はなくゴンゴン寄せる事が可能だ。 ただラインだけはいくら太目とは言え日頃使っているツリーバの0.6号では不安なので、同じくツリーバオリジナルPEラインの0.8号でワタシは挑んでいるが、これまでにラインブレイクなどは一度もない。10匹ぐらい釣るとむしろクリップの方がひん曲がってしまう。 みなさんも是非、ツリーバオリジナルPEラインで季節の釣りを楽しんでみてはいかがだろうか。 いや、是非楽しんでほしい! ツリーバオリジナルPEラインのツリーバストアはこちら それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン