どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。

日頃のご近所シーバスではリリース前提の釣りをしているが、釣った魚は食べたい派のワタシ。

やはり美味しい魚を釣るなら美味しく食べたい!

釣りも楽しみ、食も楽しむ!これぞ釣り人の醍醐味だ。

おいしく食べるために必要な作業が生きた魚を締めること。

せっかく食べるのだから美味しく食べたい。だから、氷締めにしろ、神経締めにしろ、血抜きにしろ、美味しく食べるためには欠かせない大切な作業なのだ。

これをしないとせっかくの美味しい魚も台無しになり、リリースした方がよかったんじゃないか、と言う事になってしまう。

多少骨が残っていたり、皮が残っていたり、見た目が悪かろうが構わない。自分の手で絞めて、自分の手で捌き、自分の手で料理する。

我々一般人が一番身近で手軽にできる狩猟ではないだろうか。

先日船釣りで持ち帰ったアジ25センチぐらいの2匹と15センチぐらいの1匹、合計3匹はナメロウにした。

アジを3枚におろして皮を引き、血合い骨や腹骨をとって適当な大きさに切っておく。

ネギと生姜をみじん切りにし、味噌、みりん、酒、醤油をそれぞれ大匙1で混ぜ合わせたものを和えながら叩く。

好みで大葉を入れてもいいだろう。

これでおいしいナメロウの出来上がりだ。

酒によく合う!うまい!

一口二口食べたところで子が全て食べてしまった。。。まぁおいしかった証拠である。

イシモチは抱卵していたので、卵は漬けにし本体はシンプルに塩焼にして食べた。

これもまたうまい!

GWの新潟釣行と言い、先日の船釣りと言い、

食べて美味しい釣りは最高だ!

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/06/IMG_2825.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/06/IMG_2825-150x150.jpgtsuri-ba釣りTALK氷締め,神経締め,締める,血抜き,釣魚料理どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。 日頃のご近所シーバスではリリース前提の釣りをしているが、釣った魚は食べたい派のワタシ。 やはり美味しい魚を釣るなら美味しく食べたい! 釣りも楽しみ、食も楽しむ!これぞ釣り人の醍醐味だ。 おいしく食べるために必要な作業が生きた魚を締めること。 せっかく食べるのだから美味しく食べたい。だから、氷締めにしろ、神経締めにしろ、血抜きにしろ、美味しく食べるためには欠かせない大切な作業なのだ。 これをしないとせっかくの美味しい魚も台無しになり、リリースした方がよかったんじゃないか、と言う事になってしまう。 多少骨が残っていたり、皮が残っていたり、見た目が悪かろうが構わない。自分の手で絞めて、自分の手で捌き、自分の手で料理する。 我々一般人が一番身近で手軽にできる狩猟ではないだろうか。 先日船釣りで持ち帰ったアジ25センチぐらいの2匹と15センチぐらいの1匹、合計3匹はナメロウにした。 アジを3枚におろして皮を引き、血合い骨や腹骨をとって適当な大きさに切っておく。 ネギと生姜をみじん切りにし、味噌、みりん、酒、醤油をそれぞれ大匙1で混ぜ合わせたものを和えながら叩く。 好みで大葉を入れてもいいだろう。 これでおいしいナメロウの出来上がりだ。 酒によく合う!うまい! 一口二口食べたところで子が全て食べてしまった。。。まぁおいしかった証拠である。 イシモチは抱卵していたので、卵は漬けにし本体はシンプルに塩焼にして食べた。 これもまたうまい! GWの新潟釣行と言い、先日の船釣りと言い、 食べて美味しい釣りは最高だ! それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン