こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

テナガエビ釣りでは相棒レッドと翠祥のストライキ勃発。現在のタックルは糸に針をくっつけた手釣りタックル。

ですが、この手釣りタックルでテナガエビを釣り上げ、淡水での小物釣に目覚めてしまい、今回向かうは「釣仙郷」。

「釣仙郷」。

皆さんは東京にこう呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか。

僕は聞いたこともなかったのですが、編集長が小さい頃から通い詰めた思い出の地と聞き、編集長のご機嫌取りも兼ねて小物いじめにやってきたわけです。

釣仙郷、釣りの仙人たちが住む郷、別名(こっちが本当の名前ですが)を水元公園と言います。

おそらくこの釣仙郷に何十年と通い続けるご老人達。「釣仙」とは彼らのことを指すのでしょう。現代的なリールのない延べ竿一本でヘラブナと対話する。数え切れない数の魚を釣り上げてきた彼らには、僕には到底理解できないこの釣りの面白みが見えているのでしょう。

普通なら仙人達の横に腰掛け釣りを始めたいところだが今日は大きな問題がある。そう、釣竿です。

確かに手釣りは釣人が行き着く究極のスタイルのひとつ。

しかし、僕が「釣仙」と聞いて思い浮かべるのは、山奥で大きな岩に座し、無の境地で棒と糸で魚を釣り上げる老人の姿。

自分の求める小物いじめ・・いや「釣仙」への修行には竿が不可欠なのだ。

だが、ストライキ中の愛竿は使えない。策をあれこれ考えながら釣仙郷を散策する。

が、うまい策が思い浮かばす、とりあえず内溜近くの釣具屋の向かう。

んー、やはり違う。

「釣堀竿」という仙人感をまったく感じさせないネーミングの上に、人工臭が漂っている。

そもそも、同系統の竿である翠祥で痛い目を見ているので購入は考えられない。

どうしよう・・・再び周囲をぶらぶらしだす。

すると、「こあゆの小路」にて奇跡が起きる。

これだ・・・これしかない!

周辺住民に雑草として刈られたか、通行人の気まぐれでムシり取られたであろうこの草は、おそらくは笹の一種。

釣仙人様・・・こうゆうことだったんですね。

今日の相棒はこいつしかいない。

仙人の里にて神仙人から啓示を受けたかのような確信があります。

仙人に導かれるかのように笹に仕掛けを結びつけ、笹竿の完成。

 

竿を確保し、次に場所を探します。選んだ場所はこちら。

 

こあゆの小路を歩いているとなんとも趣のある小道が目に入る。

脇には香取神社、奥には釣仙人達が群がる内溜がある。

「こあゆの小路」。全く「こあゆ」のいる気配を感じさせないが、かつての水辺を取り戻したいという仙人達の希望が名前に現れているのでしょう。

超短竿を笹竿で釣をするには子供が水遊びするレベルの足場が必要なのです。

ということで、このなんとも趣のある小道にて小物いじめ・・・いや仙人修行を開始(笹竿実釣編へ)。

No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/07/IMG_3980.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/07/IMG_3980-150x150.jpg友益石崎渓流・源流の釣り水元公園こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! テナガエビ釣りでは相棒レッドと翠祥のストライキ勃発。現在のタックルは糸に針をくっつけた手釣りタックル。 ですが、この手釣りタックルでテナガエビを釣り上げ、淡水での小物釣に目覚めてしまい、今回向かうは「釣仙郷」。 「釣仙郷」。 皆さんは東京にこう呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか。 僕は聞いたこともなかったのですが、編集長が小さい頃から通い詰めた思い出の地と聞き、編集長のご機嫌取りも兼ねて小物いじめにやってきたわけです。 釣仙郷、釣りの仙人たちが住む郷、別名(こっちが本当の名前ですが)を水元公園と言います。 おそらくこの釣仙郷に何十年と通い続けるご老人達。「釣仙」とは彼らのことを指すのでしょう。現代的なリールのない延べ竿一本でヘラブナと対話する。数え切れない数の魚を釣り上げてきた彼らには、僕には到底理解できないこの釣りの面白みが見えているのでしょう。 普通なら仙人達の横に腰掛け釣りを始めたいところだが今日は大きな問題がある。そう、釣竿です。 確かに手釣りは釣人が行き着く究極のスタイルのひとつ。 しかし、僕が「釣仙」と聞いて思い浮かべるのは、山奥で大きな岩に座し、無の境地で棒と糸で魚を釣り上げる老人の姿。 自分の求める小物いじめ・・いや「釣仙」への修行には竿が不可欠なのだ。 だが、ストライキ中の愛竿は使えない。策をあれこれ考えながら釣仙郷を散策する。 が、うまい策が思い浮かばす、とりあえず内溜近くの釣具屋の向かう。 んー、やはり違う。 「釣堀竿」という仙人感をまったく感じさせないネーミングの上に、人工臭が漂っている。 そもそも、同系統の竿である翠祥で痛い目を見ているので購入は考えられない。 どうしよう・・・再び周囲をぶらぶらしだす。 すると、「こあゆの小路」にて奇跡が起きる。 これだ・・・これしかない! 周辺住民に雑草として刈られたか、通行人の気まぐれでムシり取られたであろうこの草は、おそらくは笹の一種。 釣仙人様・・・こうゆうことだったんですね。 今日の相棒はこいつしかいない。 仙人の里にて神仙人から啓示を受けたかのような確信があります。 仙人に導かれるかのように笹に仕掛けを結びつけ、笹竿の完成。   竿を確保し、次に場所を探します。選んだ場所はこちら。   こあゆの小路を歩いているとなんとも趣のある小道が目に入る。 脇には香取神社、奥には釣仙人達が群がる内溜がある。 「こあゆの小路」。全く「こあゆ」のいる気配を感じさせないが、かつての水辺を取り戻したいという仙人達の希望が名前に現れているのでしょう。 超短竿を笹竿で釣をするには子供が水遊びするレベルの足場が必要なのです。 ということで、このなんとも趣のある小道にて小物いじめ・・・いや仙人修行を開始(笹竿実釣編へ)。 No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン