こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

東京湾から逃避し、荒川、隅田川と川での釣りに勤しんで来ましたが、今回は新たな川を開拓。

先日行った平井運動公園で出会った釣り人に「あっちの川へ行ってみなよ!あっちの方が釣れるよ!」って指差され・・・その方向を後で確認すると、「あっちの川」とは中川河口を指していることが判明。彼の言葉を信じて中川へやって来ました。

釣行開始前に中川河口域の釣り場を軽く散策。

中川河口域は荒川と並行して流れており、は東京湾から約2kmの地点で荒川と合流します。今回は中川と荒川の合流ポイント、つまり中川の最下流で釣りを行おうと思います。

最寄りの駅は東西線の西葛西駅。西葛西駅から中川までは直線距離にして700m程。電車釣行の人にも行きやすいポイントです。


テラスが作られ、足場は安定。夜でも安心して釣りができる。

フェンスから2m程のところに座る場所もあるのでブッコミ釣りには最適のポイントです。

でも正直意外でした。下調べが甘かったのかもしれませんが、google earthではテラスが整備されているようには見えなかったので・・・

ルール的には特に縛りはないようです。ただし、ランニングや散歩をしている通行人には注意!

荒川との合流ポイントから1.2kmのところに葛西橋。ここはやはり人気スポットのようで釣り人がたくさんいました。夜に少し行って見たのですが、やはり状況は変わらず・・・。

葛西橋から少し下ると謎のポール。

対岸も釣りやすそうですが、一人も釣り人はいないようでした。多分立ち入りできないか、釣り禁止エリアなのでしょうが、またの機会に調べてみたいと思います。

荒川との合流ポイントから約0.5kmの所には清砂大橋。清砂大橋には並行して東西線橋梁がかかっています。さらに横には首都高速中央環状線。

葛西橋と違って清砂橋周辺は人がまったくいなかったし、雨宿りポイントを確保したかったので、当日はここに陣を張りました。

ただ、数分単位で東西線の電車が失踪し、轟音が半端ないです。通常より魚が寄り付きにくいというのは確かだと思います。

ちなみに、この清砂橋が事実上は最下流の釣りポイントでここより先は有刺鉄線付きのフェンスが設けらています。

一応先に行けるか確認しようと迂回して川辺に出てみます。

すると水と緑のネットワークというエリアが。

乗り越えられなくもないが、明らかに「入っちゃだめよ」のメッセージを伝えるフェンス。

同様のフェンスが荒川との合流ポイントまで続いている。


釣り人の姿も見えない。夜になるとここを乗り越えていく釣り人もいるのでしょうが、ルールに従うのなら清砂橋下が最も下流のポイントということになるでしょう。

ということで、清砂橋の下にて、電車の轟音を聞きながら釣行開始(続く)!

No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/IMG_6199.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/IMG_6199-150x150.jpg友益石崎釣りTALKシーバス,中川,釣り場こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 東京湾から逃避し、荒川、隅田川と川での釣りに勤しんで来ましたが、今回は新たな川を開拓。 先日行った平井運動公園で出会った釣り人に「あっちの川へ行ってみなよ!あっちの方が釣れるよ!」って指差され・・・その方向を後で確認すると、「あっちの川」とは中川河口を指していることが判明。彼の言葉を信じて中川へやって来ました。 釣行開始前に中川河口域の釣り場を軽く散策。 中川河口域は荒川と並行して流れており、は東京湾から約2kmの地点で荒川と合流します。今回は中川と荒川の合流ポイント、つまり中川の最下流で釣りを行おうと思います。 最寄りの駅は東西線の西葛西駅。西葛西駅から中川までは直線距離にして700m程。電車釣行の人にも行きやすいポイントです。 テラスが作られ、足場は安定。夜でも安心して釣りができる。 フェンスから2m程のところに座る場所もあるのでブッコミ釣りには最適のポイントです。 でも正直意外でした。下調べが甘かったのかもしれませんが、google earthではテラスが整備されているようには見えなかったので・・・ ルール的には特に縛りはないようです。ただし、ランニングや散歩をしている通行人には注意! 荒川との合流ポイントから1.2kmのところに葛西橋。ここはやはり人気スポットのようで釣り人がたくさんいました。夜に少し行って見たのですが、やはり状況は変わらず・・・。 葛西橋から少し下ると謎のポール。 対岸も釣りやすそうですが、一人も釣り人はいないようでした。多分立ち入りできないか、釣り禁止エリアなのでしょうが、またの機会に調べてみたいと思います。 荒川との合流ポイントから約0.5kmの所には清砂大橋。清砂大橋には並行して東西線橋梁がかかっています。さらに横には首都高速中央環状線。 葛西橋と違って清砂橋周辺は人がまったくいなかったし、雨宿りポイントを確保したかったので、当日はここに陣を張りました。 ただ、数分単位で東西線の電車が失踪し、轟音が半端ないです。通常より魚が寄り付きにくいというのは確かだと思います。 ちなみに、この清砂橋が事実上は最下流の釣りポイントでここより先は有刺鉄線付きのフェンスが設けらています。 一応先に行けるか確認しようと迂回して川辺に出てみます。 すると水と緑のネットワークというエリアが。 乗り越えられなくもないが、明らかに「入っちゃだめよ」のメッセージを伝えるフェンス。 同様のフェンスが荒川との合流ポイントまで続いている。 釣り人の姿も見えない。夜になるとここを乗り越えていく釣り人もいるのでしょうが、ルールに従うのなら清砂橋下が最も下流のポイントということになるでしょう。 ということで、清砂橋の下にて、電車の轟音を聞きながら釣行開始(続く)! No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン