こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

若洲でコンドームサビキ。嫌な予感しかせん・・・ の続きです。

15:30、海釣り堤防に移動。


ここで一つ雑談なんですが、サビキの際に水中が見えない恐怖ってありませんか?僕が地元でサビキ釣りするときは、水底5mくらいまでなら見える堤防でサビキをやることが多かったのです。そうすると、視覚的に魚がいるかいないか分かるんですよ。まぁアジとかだったら回遊を待つってことが当然必要になるんですが、回遊が来るまでにコッパのグレ、チヌ、カワハギみたいな雑魚との遊びが楽しめるんです。

しかし、水中が見えない状態でひたすらサビキ仕掛けをトントン、アジ・イワシたちの回遊をひたすら待つ・・・結局何も釣れずに終わる・・・そんなことに異常な恐怖を覚えてしまします。「釣りとはそんなもんだ!何甘っちょろいこと言ってるんだ」と怒られそうですが。

実際、1時間やっても全くアタリ無し・・・・

やベぇ・・・・またボウズなのか・・・

自作サビキとはいえ、2連続サビキボウズなど経験した人物が幾人いるだろうか・・・。自分はそんな不遇な運命をたどるのか・・・・


絶対に嫌だ。
サビキボウズへの恐怖から予備で持っていた購入品サビキとサビキ君を用意。
「ゴムサビキで釣れないか試してみる〜♪」
などとアホみたいなことは言ってられないのだ。
だが・・・・
右隣のおっさんはボコスカ釣れるのに、僕と左隣の兄ちゃんは全く釣れない・・・
おっさんの所作を凝視し、同じ距離・深さに仕掛けを落としてみるが・・・

あーもうやめたやめた!

やってられるか。腕は疲れて精神的にも辛いし、釣りは楽しむもんだろうが。こんな辛い釣り、やる意味がない!
遂に精神崩壊を来し、夕まずめのゴールデンタイムにもかかわらず、竿を放置。

背後の腰掛けポイントでふて寝。
ひたすら竿をしゃくり続ける隣の兄ちゃんを眺めながら時間を浪費。

が、約10分後。

お~やっと来た!

まさかの、まさかの、隣の兄ちゃんがイワシゲット!
苦労の末に釣り上げたイワシを慈しむかのような優しい笑顔に包まれている。他方で、約5m右横の男の顔はさらに険しくなる。それもそのはず、左隣兄ちゃんがイワシを釣り上げたことで、あたり半径10mでサビキボウズの可能性があるのはその男ただ一人だけなのだ。

再び自分を奮起させ、カゴにサビキ君をぶち込み・・・トントン再開。

1分が過ぎ、5分が過ぎ、貴重な時間が失われてく。もう険しい表情というよりも号泣会見をした某議員のような半べそ状態でトントンし続けます

がしかし

若洲の神はそこまで無慈悲ではなかった!

・・・・・・

言葉が出ません。こんなに可愛らしい生物が他にいるでしょうか。右隣の兄ちゃんよろしく、やっと到来した若洲の恵みを慈しむかのような優しい笑顔がこみ上げる。

ずっとこのイワシを眺めていたいトコロだが、おそらくこれが本日最初で最後のチャンス。逃すわけにはいかない。

約20分後、我が時合終了。

釣果確認すると、釣れたのは

カタクチイワシ5匹。

サッパ一匹。

計6匹!

以前、ボウズの定義は人それぞれって話をしました。今回の釣果は人によっては「ボウズ」と言っていい結果かもしれません。
しかし、僕にとっては「ボウズ」とは到底言えない大満足の結果。苦労の末釣り上げた釣果は、神々しく輝いているかのようにも見える。

自作のコンドームサビキがボウズに終わったことはもはやどうでもいい。

その後の約1時間のブッコミが華麗なボウズに終ったが・・・もはやどうでもいい。

ありがとう。若洲、いや東京の海よありがとう。

続く:【料理】油淋(ユーリン)して釣魚を美味しく食べよう♪

ゴムサビキのリベンジ釣行:コンドームサビキのリベンジ、成る!イナダの餌を求めて。

No Tsuri-ba No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_8853.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_8853-150x150.jpg友益石崎海釣りイワシ,サッパ,サビキ,若洲海浜公園こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 若洲でコンドームサビキ。嫌な予感しかせん・・・ の続きです。 15:30、海釣り堤防に移動。 ここで一つ雑談なんですが、サビキの際に水中が見えない恐怖ってありませんか?僕が地元でサビキ釣りするときは、水底5mくらいまでなら見える堤防でサビキをやることが多かったのです。そうすると、視覚的に魚がいるかいないか分かるんですよ。まぁアジとかだったら回遊を待つってことが当然必要になるんですが、回遊が来るまでにコッパのグレ、チヌ、カワハギみたいな雑魚との遊びが楽しめるんです。 しかし、水中が見えない状態でひたすらサビキ仕掛けをトントン、アジ・イワシたちの回遊をひたすら待つ・・・結局何も釣れずに終わる・・・そんなことに異常な恐怖を覚えてしまします。「釣りとはそんなもんだ!何甘っちょろいこと言ってるんだ」と怒られそうですが。 実際、1時間やっても全くアタリ無し・・・・ やベぇ・・・・またボウズなのか・・・ 自作サビキとはいえ、2連続サビキボウズなど経験した人物が幾人いるだろうか・・・。自分はそんな不遇な運命をたどるのか・・・・ 絶対に嫌だ。 サビキボウズへの恐怖から予備で持っていた購入品サビキとサビキ君を用意。 「ゴムサビキで釣れないか試してみる〜♪」 などとアホみたいなことは言ってられないのだ。 だが・・・・ 右隣のおっさんはボコスカ釣れるのに、僕と左隣の兄ちゃんは全く釣れない・・・ おっさんの所作を凝視し、同じ距離・深さに仕掛けを落としてみるが・・・ あーもうやめたやめた! やってられるか。腕は疲れて精神的にも辛いし、釣りは楽しむもんだろうが。こんな辛い釣り、やる意味がない! 遂に精神崩壊を来し、夕まずめのゴールデンタイムにもかかわらず、竿を放置。 背後の腰掛けポイントでふて寝。 ひたすら竿をしゃくり続ける隣の兄ちゃんを眺めながら時間を浪費。 が、約10分後。 お~やっと来た! まさかの、まさかの、隣の兄ちゃんがイワシゲット! 苦労の末に釣り上げたイワシを慈しむかのような優しい笑顔に包まれている。他方で、約5m右横の男の顔はさらに険しくなる。それもそのはず、左隣兄ちゃんがイワシを釣り上げたことで、あたり半径10mでサビキボウズの可能性があるのはその男ただ一人だけなのだ。 再び自分を奮起させ、カゴにサビキ君をぶち込み・・・トントン再開。 1分が過ぎ、5分が過ぎ、貴重な時間が失われてく。もう険しい表情というよりも号泣会見をした某議員のような半べそ状態でトントンし続けます がしかし 若洲の神はそこまで無慈悲ではなかった! ・・・・・・ 言葉が出ません。こんなに可愛らしい生物が他にいるでしょうか。右隣の兄ちゃんよろしく、やっと到来した若洲の恵みを慈しむかのような優しい笑顔がこみ上げる。 ずっとこのイワシを眺めていたいトコロだが、おそらくこれが本日最初で最後のチャンス。逃すわけにはいかない。 約20分後、我が時合終了。 釣果確認すると、釣れたのは カタクチイワシ5匹。 サッパ一匹。 計6匹! 以前、ボウズの定義は人それぞれって話をしました。今回の釣果は人によっては「ボウズ」と言っていい結果かもしれません。 しかし、僕にとっては「ボウズ」とは到底言えない大満足の結果。苦労の末釣り上げた釣果は、神々しく輝いているかのようにも見える。 自作のコンドームサビキがボウズに終わったことはもはやどうでもいい。 その後の約1時間のブッコミが華麗なボウズに終ったが・・・もはやどうでもいい。 ありがとう。若洲、いや東京の海よありがとう。 続く:【料理】油淋(ユーリン)して釣魚を美味しく食べよう♪ ゴムサビキのリベンジ釣行:コンドームサビキのリベンジ、成る!イナダの餌を求めて。 No Tsuri-ba No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン