こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

今回紹介する釣り場は猫実側河口の右岸(浦安市側)です!

猫実川(ねこざねがわ)は浦安と市川塩浜の境界線となる河川。浦安駅付近を源とし、三番瀬の西端に流れ込みます。
ハゼ釣りのスポットとして有名らしく、初夏~秋のハゼ釣りシーズンには釣り人で賑わいます。釣り場調査した日は雨だったので釣り人は少なかったですけどね。

近隣の釣り場

今回は浦安市の海岸線を散策する予定だったので、市川塩浜側は詳しく調べていません。はじめに断っておくと、猫実川河口エリアを中心に攻めたいなら市川塩浜側がやりやすそうでした。ただ、浦安市側でも竿を出せなくはないし、10分歩けば市川塩浜側への移動も可能です。なら移動して調べろよって感じですが・・・めんどくさって思っちゃって。詳しくはまたの機会に調べるとして、浦安側から見た様子も見ていきたいと思います。

また浦安側からは南に約700m歩けば、「三番瀬沿い緑道」への移動も可能。

【釣り場(浦安)】日の出三番瀬沿い緑道♪ 釣りも潮干狩りも健康体操も、できちゃう!

アクセス

電車の最寄り駅は新浦安駅(京葉線)で徒歩11分で着きます。

トイレ

河口から歩いてすぐの所に美浜公園があります。公園内にはトイレがあるので安心です。


釣り場をビュー

猫実川の河口付近には京葉線の橋梁が架かっています。浦安側は橋梁の下付近から上流にかけて高いフェンスが続いており、釣りは不可能。

河口から三番瀬沿い緑道まで約700mの歩道が続きます。

浦安市側で厄介なのが護岸が段々になっている点。歩道からのサイトフィッシングはほぼ不可能で、長めの竿でミャクをとるしかないでしょう。
僕だったら釣りしたさに負けて降りちゃう気がするんですけど、胸くらいの高さがある上に護岸際の幅はさほど広いわけでもない。足を踏み外して落っこちたら大変なことになります。おすすめはできません。

ちなみに段々状の護岸は三番瀬沿い緑道まで続きます。

それに対して、市川塩浜側は素直な護岸で段々状になっているようには見えない。しかもやや上流エリアまで竿が出せそうです。実際、雨にもかかわらず釣りしてるおじいちゃんが何人かいましたね。



さらに三番瀬の西に向かって約500m、竿が出せるポイントが続いているようだったのでした。ただ、竿下は石が敷かれて浅くなっているみたいだったので、ちょい投げか投げ釣りに適したエリアなのだろうと思います。

浦安側の河口から南へ700m歩くと三番瀬沿い緑道です。



【釣り場(浦安)】日の出三番瀬沿い緑道釣りも潮干狩りも健康体操も、できちゃう!

No Tsuri-ba! No LIfe!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_8115.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_8115-150x150.jpgishizaki釣りTALK浦安市,浦安市三番瀬,猫実川,釣り場こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 今回紹介する釣り場は猫実側河口の右岸(浦安市側)です! 猫実川(ねこざねがわ)は浦安と市川塩浜の境界線となる河川。浦安駅付近を源とし、三番瀬の西端に流れ込みます。 ハゼ釣りのスポットとして有名らしく、初夏~秋のハゼ釣りシーズンには釣り人で賑わいます。釣り場調査した日は雨だったので釣り人は少なかったですけどね。 ●近隣の釣り場 今回は浦安市の海岸線を散策する予定だったので、市川塩浜側は詳しく調べていません。はじめに断っておくと、猫実川河口エリアを中心に攻めたいなら市川塩浜側がやりやすそうでした。ただ、浦安市側でも竿を出せなくはないし、10分歩けば市川塩浜側への移動も可能です。なら移動して調べろよって感じですが・・・めんどくさって思っちゃって。詳しくはまたの機会に調べるとして、浦安側から見た様子も見ていきたいと思います。 また浦安側からは南に約700m歩けば、「三番瀬沿い緑道」への移動も可能。 【釣り場(浦安)】日の出三番瀬沿い緑道♪ 釣りも潮干狩りも健康体操も、できちゃう! ●アクセス 電車の最寄り駅は新浦安駅(京葉線)で徒歩11分で着きます。 ●トイレ 河口から歩いてすぐの所に美浜公園があります。公園内にはトイレがあるので安心です。 ●釣り場をビュー♪ 猫実川の河口付近には京葉線の橋梁が架かっています。浦安側は橋梁の下付近から上流にかけて高いフェンスが続いており、釣りは不可能。 河口から三番瀬沿い緑道まで約700mの歩道が続きます。 浦安市側で厄介なのが護岸が段々になっている点。歩道からのサイトフィッシングはほぼ不可能で、長めの竿でミャクをとるしかないでしょう。 僕だったら釣りしたさに負けて降りちゃう気がするんですけど、胸くらいの高さがある上に護岸際の幅はさほど広いわけでもない。足を踏み外して落っこちたら大変なことになります。おすすめはできません。 ちなみに段々状の護岸は三番瀬沿い緑道まで続きます。 それに対して、市川塩浜側は素直な護岸で段々状になっているようには見えない。しかもやや上流エリアまで竿が出せそうです。実際、雨にもかかわらず釣りしてるおじいちゃんが何人かいましたね。 さらに三番瀬の西に向かって約500m、竿が出せるポイントが続いているようだったのでした。ただ、竿下は石が敷かれて浅くなっているみたいだったので、ちょい投げか投げ釣りに適したエリアなのだろうと思います。 浦安側の河口から南へ700m歩くと三番瀬沿い緑道です。 【釣り場(浦安)】日の出三番瀬沿い緑道♪ 釣りも潮干狩りも健康体操も、できちゃう! No Tsuri-ba! No LIfe!手は震え、動悸も止まらない釣りWebフリーマガジン