こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

皆さんは好きな魚の形とかありますか?

旨けりゃ何でもとか、釣れれば何でもって方もおられるかと思いますが、やっぱり目で見た時に心躍らされる魚の形って人それぞれあると思うんですね。

やっぱり魚といえばこんな感じだよね~。速そうだし。とか

ヌルッンヌルのニョロンニョロに興奮するうぅ、とか

人それそれだと思うんです。

ちなみに僕が好きなのはこんな形の魚。


大きい括りでは縦扁型と言われる形です。縦に扁平、つまり平べったいってことですね。僕がこのタイプの魚にドキッとするのは子供時代の遊びの名残だと思います。。実は子供時代は釣りよりもどちらかというと素潜りをして魚を取った記憶の方が強いんです。素潜りでは基本的に魚を見つけるために潜っていたのですが、表層や中層を泳いでる魚って「いた」と思った瞬間にはもう彼方に行っっちゃってる、ということがほととんど。だから底にじっとしている魚をめがけて潜っていくんです。水底にある大きな岩と岩の間を覗き込んだり、手を突っ込んだりして魚を探し出すのが楽しかった。水底の隙間、穴を覗き回ると大きな口とぎょろっとした目で魚が待ち構えていて、それを見ると「ブハッ」と息を吐き出しいったん浮上。落ち着いてどうやって捕まえようか考え、また目一杯息を「スゥーーーーーー」っと吸い込んで潜る。そういったワクワク感を魚たちは与えてくれました。

押しつぶしたようにぼてっとしてて、大きな口を持ち・・・。底魚にこう言う魚が多いのは水底で安定するため。アジのように回遊して餌を探のではなく、水底でじっとしていることを選んだんですね。じっとするがゆえに、数少ない捕食のチャンスを逃さないために大きな口となんでも食べちゃう食欲を備え持つようになった。とまぁ一般的にはそのように説明できるようです。

そんな子供の頃のドキドキもあってカサゴみたいなタイプの魚を見ると、「ドキッ」としてしまうんですね。

太平洋側では滅多に釣れないようですが、故郷の島根ではキジハタという魚がよく釣れます。岸からでも50cmのキジハタが釣れた!みたいなこともよく聞きました。ちなみに僕はそんな大きいのは釣ったことがないですけど。


wikipediaより

そんなぼってりフェチの僕が、いつか釣ってみたい魚の動画をご紹介。ご存知の方も多いとは思いますが、幻の超高級魚です。素潜りでも釣りでもなんでもいいからいつかこんな大物と出会ってみたい。

こんなん釣れたら・・・竹竿とコイツにまたがって竜宮城まで行っちゃいますね。

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/6797918818e588b0e51feb67c638f0f2.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/6797918818e588b0e51feb67c638f0f2-150x150.jpgishizaki釣りTALKキジハタ,クエ,動画こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 皆さんは好きな魚の形とかありますか? 旨けりゃ何でもとか、釣れれば何でもって方もおられるかと思いますが、やっぱり目で見た時に心躍らされる魚の形って人それぞれあると思うんですね。 やっぱり魚といえばこんな感じだよね~。速そうだし。とか ヌルッンヌルのニョロンニョロに興奮するうぅ、とか 人それそれだと思うんです。 ちなみに僕が好きなのはこんな形の魚。 大きい括りでは縦扁型と言われる形です。縦に扁平、つまり平べったいってことですね。僕がこのタイプの魚にドキッとするのは子供時代の遊びの名残だと思います。。実は子供時代は釣りよりもどちらかというと素潜りをして魚を取った記憶の方が強いんです。素潜りでは基本的に魚を見つけるために潜っていたのですが、表層や中層を泳いでる魚って「いた」と思った瞬間にはもう彼方に行っっちゃってる、ということがほととんど。だから底にじっとしている魚をめがけて潜っていくんです。水底にある大きな岩と岩の間を覗き込んだり、手を突っ込んだりして魚を探し出すのが楽しかった。水底の隙間、穴を覗き回ると大きな口とぎょろっとした目で魚が待ち構えていて、それを見ると「ブハッ」と息を吐き出しいったん浮上。落ち着いてどうやって捕まえようか考え、また目一杯息を「スゥーーーーーー」っと吸い込んで潜る。そういったワクワク感を魚たちは与えてくれました。 押しつぶしたようにぼてっとしてて、大きな口を持ち・・・。底魚にこう言う魚が多いのは水底で安定するため。アジのように回遊して餌を探のではなく、水底でじっとしていることを選んだんですね。じっとするがゆえに、数少ない捕食のチャンスを逃さないために大きな口となんでも食べちゃう食欲を備え持つようになった。とまぁ一般的にはそのように説明できるようです。 そんな子供の頃のドキドキもあってカサゴみたいなタイプの魚を見ると、「ドキッ」としてしまうんですね。 太平洋側では滅多に釣れないようですが、故郷の島根ではキジハタという魚がよく釣れます。岸からでも50cmのキジハタが釣れた!みたいなこともよく聞きました。ちなみに僕はそんな大きいのは釣ったことがないですけど。 wikipediaより そんなぼってりフェチの僕が、いつか釣ってみたい魚の動画をご紹介。ご存知の方も多いとは思いますが、幻の超高級魚です。素潜りでも釣りでもなんでもいいからいつかこんな大物と出会ってみたい。 こんなん釣れたら・・・竹竿とコイツにまたがって竜宮城まで行っちゃいますね。 それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン