どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。

実は先日の船釣りの時にワタシはある秘密兵器を装備し、足元も軽々と船に乗り込み、少々高い波に揺れる船の上でも確実なグリップで体を支え釣りを楽しんでいたのだ。

その秘密兵器とは、

その名も、

つりーの長靴!

こちら「つりー株式会社」さんが販売されている船釣り用の長靴で同じ製造元から農作業用のものが販売されているが、それを釣りに特化させ、さらに進化させたものなのだ。別物なのでご注意してほしい。

ウェットスーツ生地でできており、丸めるように折りたためばバッカンやバッグにコンパクトな状態でしまうことができる。さらにやわらかい生地とソウルが相まって重さをまったく感じず、疲れにくい長靴となっている。

以前この長靴のプレスリリースを見た時に、ITと釣りを結び付けると言うコンセプトを見て急いでアポを取り、社長にお会いさせて頂いたのがこの長靴を知るきっかけとなったのだが、船釣りの釣果情報サイトも運営されており、そこに去年末ワタシの父がでかいヒラメを釣り上げ、持っている写真が掲載されていて驚いた。

農作業用の靴がベースとなっているので、社長には内緒だが庭の家庭菜園でも実は使っている。

言うならば、進化した地下足袋だ。

一つ注意が必要なのは濡れた岩場などは滑るので、船やサーフに限定して使用する必要がある事だ。

社長自ら荒川でテストしたそうで、ヌルヌルの岩場は危険だと仰っていたのでそういう場所ではフェルトスパイクブーツなどを履くようにしよう。

そしてなんと今回わけあり品、と言っても厳しい品質チェックの上でのわけあり品なので使用には全くもってなにも問題のない「つりーの長靴」を沢山いただいたので、読者の皆さんに何かの形でぜひご利用頂ければと考えている。

ワタシの無い頭をフル回転させ、考えがまとまったらまた改めてお知らせしよう。

ケロッグの青いゴリラなみにもう我慢できない方は是非、こちからご購入いただけたら幸いでございます。

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/06/IMG_2735.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/06/IMG_2735-150x150.jpgtsuri-ba釣りTALKつりーの長靴,サーフ,船釣りどうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。 実は先日の船釣りの時にワタシはある秘密兵器を装備し、足元も軽々と船に乗り込み、少々高い波に揺れる船の上でも確実なグリップで体を支え釣りを楽しんでいたのだ。 その秘密兵器とは、 その名も、 つりーの長靴! こちら「つりー株式会社」さんが販売されている船釣り用の長靴で同じ製造元から農作業用のものが販売されているが、それを釣りに特化させ、さらに進化させたものなのだ。別物なのでご注意してほしい。 ウェットスーツ生地でできており、丸めるように折りたためばバッカンやバッグにコンパクトな状態でしまうことができる。さらにやわらかい生地とソウルが相まって重さをまったく感じず、疲れにくい長靴となっている。 以前この長靴のプレスリリースを見た時に、ITと釣りを結び付けると言うコンセプトを見て急いでアポを取り、社長にお会いさせて頂いたのがこの長靴を知るきっかけとなったのだが、船釣りの釣果情報サイトも運営されており、そこに去年末ワタシの父がでかいヒラメを釣り上げ、持っている写真が掲載されていて驚いた。 農作業用の靴がベースとなっているので、社長には内緒だが庭の家庭菜園でも実は使っている。 言うならば、進化した地下足袋だ。 一つ注意が必要なのは濡れた岩場などは滑るので、船やサーフに限定して使用する必要がある事だ。 社長自ら荒川でテストしたそうで、ヌルヌルの岩場は危険だと仰っていたのでそういう場所ではフェルトスパイクブーツなどを履くようにしよう。 そしてなんと今回わけあり品、と言っても厳しい品質チェックの上でのわけあり品なので使用には全くもってなにも問題のない「つりーの長靴」を沢山いただいたので、読者の皆さんに何かの形でぜひご利用頂ければと考えている。 ワタシの無い頭をフル回転させ、考えがまとまったらまた改めてお知らせしよう。 ケロッグの青いゴリラなみにもう我慢できない方は是非、こちからご購入いただけたら幸いでございます。 それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン