こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

旧江戸川河口と見明川の釣り場調査で、まさかの2連続パワイソゲット!


水辺のゴミの中のお宝・・・奇跡の2連続ゲット♪こいつでサヨリ釣る!

潮干狩りとは異なる新たな足場スキルの重要性を認識。ゴミとて侮れん・・・よし、これでサヨリを釣ろう♪

ということでやってきたのは三番瀬沿い緑道東岸!

拾ったパワイソでサヨリを釣ってやる!と意気込んできたのですが、目が向くのは打ち上げられたゴミ。
「もぎたて」や未使用の花火、くらげ・・・・パワイソがまた落ちていないかと期待したのですが、さすがにそんなに甘くはない。

  

一通りゴミ漁りも終わったのでようやくサヨリ釣り開始。

軽くサヨリについてググってみると、サヨリは表層から中層を群れをなして泳ぐ回遊魚。サヨリを釣り上げるためには単純化すれば群れを探し出して、もしくは来るのを待ってその中に餌を放り込んでやればいい。群れを見つけた後はコマセを使って群れを引き止める・・・。

今回は浦安エリアをぐるっと歩き回ろうと思っているので、できるだけ軽装に。餌は拾ったパワイソのみという背水の陣作戦。

したがってカゴウキを飛ばし、コマセを巻くというスタンダードなサヨリ釣りはしません。パワイソで本当に釣れんのか?という疑問でいっぱいですが・・・。仕掛けはシェアハウスの先人が残していった「Sボール」という謎のウキ。結構重量があるのでこいつを使って遠投ウキ&トレーラーとして使うことに。

だが、大きな問題。それは以前、潮見さざなみ公園での悲劇・・・


【釣り場】潮見さざなみ公園をご紹介
砂町運河を攻略しよう!

そう。僕はリールを持っていない。あるのは腕のもがれたレッドリールと新人リール。したがって、今回は知人からレンタル。

ぬぅ左ききか・・・

なるほど!やはりそうなる運命なのね!
どうやら僕だけではない。リールの腕を海中に落とす事例はけっこうあるらしい。
でも、左右と両方こなせるスイッチヒッターとしての需要は満たせるだろうし、これで3台目の自動着脱式リール。これまで幾度も使用したので、かなりスキルはアップしているはずだ。

 

今回は一本パワイソのアオイソバージョンを選択。匂いが苦手なイメージがあったのですが・・・

ピーチの香り、めっちゃいい匂い。

タダの香りは本当に甘い。

・・・・・

でも、記憶ではすごい気持ち悪い匂いがして、中の保存液を触るとベトベトして不快なイメージがあったのですが・・・触っても手はサラサラで意外に快適。江戸川の清流で洗われたのか?

いざサヨリ狩り!トウニュウ♪

お〜飛ぶ。
ちょい投げ竿なんで20mがいいとこですけどね。
飛ばしウキの代用としては上出来。

シュコシュコシュコ・・・・

・・・・・

シュコシュコシュコ・・・

さすがにそんなに甘くはない。
約20分海岸線を歩きながらシュコシュコを続けるが、アタリなし。

少し仕掛けを使って見た感想を。トレーラーに使ってるSボールなんですが、形状からわかるように波の抵抗をモロに受けるので結構重いです。問題のイソメなんですが、悲しいような嬉しいようなですが、表層を引いてるだけなのでまったくなくならないですね。やはり手返しの良さというのがイソメより勝る点でしょうか。

根気よくシュコシュコを続けていると・・・・

ゴゴッ!ガッ、・・・・・・

魚信らしき不自然な振動が竿から伝わってきたので合わせて見たのですが・・・乗らず・・・。
なんだ・・・波か・・・

まじか!なくなっとる!

急いでニューパワイソをつけて投入!
シュコシュコシュコ・・・・・

ゴゴッ!・・・・・ガッ!スカ・・・・・

まじか・・・ちょっと遅合わせしてみたが失敗。今度は波かも。

サヨリか!?サヨリがやったんか?!

なんらかの魚がいるのは間違いないようだ!
おそらくパワイソの尻尾の方をパクリして持って行くんでしょう。

今度は半分に切って。

シュコシュコシュコ・・・・・

・・・・

シュコシュコ・・・・

・・・・

シュコシュコ・・・・

終点。しかも雨がひどくなってきた。

・・・・・・

・・・・・・

ヒロイものパワイソでサヨリ釣り、惨敗!

釣り場調査へ戻り、今度はヒロイものハゼ釣りへ!

【ハゼ釣り】拾い物パワイソでハゼ釣り♪新魚種ゲットダァ!

No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_8168-1.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_8168-1-150x150.jpg友益石崎海釣りサヨリ,パワーイソメ,三番瀬沿い緑道こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 旧江戸川河口と見明川の釣り場調査で、まさかの2連続パワイソゲット! 水辺のゴミの中のお宝・・・奇跡の2連続ゲット♪こいつでサヨリ釣る! 潮干狩りとは異なる新たな足場スキルの重要性を認識。ゴミとて侮れん・・・よし、これでサヨリを釣ろう♪ ということでやってきたのは三番瀬沿い緑道東岸! 拾ったパワイソでサヨリを釣ってやる!と意気込んできたのですが、目が向くのは打ち上げられたゴミ。 「もぎたて」や未使用の花火、くらげ・・・・パワイソがまた落ちていないかと期待したのですが、さすがにそんなに甘くはない。    一通りゴミ漁りも終わったのでようやくサヨリ釣り開始。 軽くサヨリについてググってみると、サヨリは表層から中層を群れをなして泳ぐ回遊魚。サヨリを釣り上げるためには単純化すれば群れを探し出して、もしくは来るのを待ってその中に餌を放り込んでやればいい。群れを見つけた後はコマセを使って群れを引き止める・・・。 今回は浦安エリアをぐるっと歩き回ろうと思っているので、できるだけ軽装に。餌は拾ったパワイソのみという背水の陣作戦。 したがってカゴウキを飛ばし、コマセを巻くというスタンダードなサヨリ釣りはしません。パワイソで本当に釣れんのか?という疑問でいっぱいですが・・・。仕掛けはシェアハウスの先人が残していった「Sボール」という謎のウキ。結構重量があるのでこいつを使って遠投ウキ&トレーラーとして使うことに。 だが、大きな問題。それは以前、潮見さざなみ公園での悲劇・・・ 【釣り場】潮見さざなみ公園をご紹介♪砂町運河を攻略しよう! そう。僕はリールを持っていない。あるのは腕のもがれたレッドリールと新人リール。したがって、今回は知人からレンタル。 ぬぅ左ききか・・・ なるほど!やはりそうなる運命なのね! どうやら僕だけではない。リールの腕を海中に落とす事例はけっこうあるらしい。 でも、左右と両方こなせるスイッチヒッターとしての需要は満たせるだろうし、これで3台目の自動着脱式リール。これまで幾度も使用したので、かなりスキルはアップしているはずだ。   今回は一本パワイソのアオイソバージョンを選択。匂いが苦手なイメージがあったのですが・・・ ピーチの香り、めっちゃいい匂い。 タダの香りは本当に甘い。 ・・・・・ でも、記憶ではすごい気持ち悪い匂いがして、中の保存液を触るとベトベトして不快なイメージがあったのですが・・・触っても手はサラサラで意外に快適。江戸川の清流で洗われたのか? いざサヨリ狩り!トウニュウ♪ お〜飛ぶ。 ちょい投げ竿なんで20mがいいとこですけどね。 飛ばしウキの代用としては上出来。 シュコシュコシュコ・・・・ ・・・・・ シュコシュコシュコ・・・ さすがにそんなに甘くはない。 約20分海岸線を歩きながらシュコシュコを続けるが、アタリなし。 少し仕掛けを使って見た感想を。トレーラーに使ってるSボールなんですが、形状からわかるように波の抵抗をモロに受けるので結構重いです。問題のイソメなんですが、悲しいような嬉しいようなですが、表層を引いてるだけなのでまったくなくならないですね。やはり手返しの良さというのがイソメより勝る点でしょうか。 根気よくシュコシュコを続けていると・・・・ ゴゴッ!ガッ、・・・・・・ 魚信らしき不自然な振動が竿から伝わってきたので合わせて見たのですが・・・乗らず・・・。 なんだ・・・波か・・・ まじか!なくなっとる! 急いでニューパワイソをつけて投入! シュコシュコシュコ・・・・・ ゴゴッ!・・・・・ガッ!スカ・・・・・ まじか・・・ちょっと遅合わせしてみたが失敗。今度は波かも。 サヨリか!?サヨリがやったんか?! なんらかの魚がいるのは間違いないようだ! おそらくパワイソの尻尾の方をパクリして持って行くんでしょう。 今度は半分に切って。 シュコシュコシュコ・・・・・ ・・・・ シュコシュコ・・・・ ・・・・ シュコシュコ・・・・ 終点。しかも雨がひどくなってきた。 ・・・・・・ ・・・・・・ ヒロイものパワイソでサヨリ釣り、惨敗! 釣り場調査へ戻り、今度はヒロイものハゼ釣りへ! (【ハゼ釣り】拾い物パワイソでハゼ釣り♪新魚種ゲットダァ!) No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン