こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

若洲で釣れたサヨリ、丁重に家までお連れし、もちろん頂きます。
細長い銀色のボティに赤いクチバシ、まじで・・・綺麗。苦労の末の釣果ということもあって、このままじっと眺めていたいところですが、せっかくの獲物ですし、新鮮なうちに捌いて刺身で頂きます!
ここんところビクつきながら刺身を食べることが多かったのですが、今回に関しては・・・・
不安はない。

捌き方については、刺身にする場合には普通の大名おろしでもいいようですが、いいろな料理に対応できる「開き」に挑戦。
開きには大きく背開きと腹開きがあります。参考動画を貼っておきます。

【腹開き】

【背開き】

今回は腹開きにチャレンジ!なんですが、適当にやったら結果たぶん腹開きだろ?というだけです。動画見て「色んな方法あるんだな~」と感心しました。

まず頭を落として腹を開き、内臓を取り出す。



綺麗な容姿とは反対に腹黒いのがサヨリ。綺麗なものには何かがあるもんです。サヨリの場合もこの黒い膜が臭みの元になりますので、しっかり取ります。水で流しながら指でゴシゴシすると簡単に取れるんで。

次に中骨と腹骨を包丁で切断、中骨を切り取ります。上の腹開きの動画では手で開いちゃってますね。ちなみにめんどくさかったんで最後まで腹骨は取りませんでした。細長いんで、腹骨のあるエリアもその分細長くて面倒くさいんですよね〜。結論的には全く気にならず、美味しく頂けましたよ!



開き完成!

天ぷらでもフライでも、干物でもいけちゃうオールマイティな捌き方になります。サヨリは刺身でも色々な切り方があるらしく、ここから色んな形に切っていくようです。

今回は一匹使って、上身と下身に分けてオーソドックス?な刺身にします。勝手にオーソドックスと言っているだけで、いつも通り「テキトー」なだけなんですけどね。というのも、この後泳がせで釣れた大物を捌く大仕事が待っていたので、サヨリにあまり時間を使えなかったのです。
ちなみに、サヨリは料理人の腕を見せる格好の素材らしく、ネットで検索すると色んな装飾的な切り方が出てきます。興味ある人はチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。僕ももっとたくさん釣ってサヨリの刺身三昧、やってみたい・・・・釣れればですけど。


皮は薄いので、包丁の瀬の部分を使うとうまく引けるみたいですよ~。僕は手でビリビリ剥いじゃいました。


僕は何も考えずに皮をゴミ箱にポイしちゃったんですけど、皮を串に巻きつけて炙って食べると美味しいらしいです。また釣れることがあったらチャレンジしてみたいです。→サヨリの皮の串焼き | いきいき七尾魚

上身と下見に分けて切っていくんですが、身が細いので斜めに長く切るとなんとなく「ぽく」なる気がします。


味なんですが・・・・

まぁ美味い!

前回食った刺身が荒川シーバスということもあってですね・・・またボウズ続きの末に釣り上げたこともあってですね・・・まぁ美味い!同居人らも喜んで食してくれました!

残りの三匹の処遇は後々考えるとして、この後ある大物の捌きには苦労しました・・・・・。

No Tsuri-ba! No Life!

 

https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_1579.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_1579-150x150.jpg友益石崎釣りTALKサヨリ,刺身,捌き方こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 若洲で釣れたサヨリ、丁重に家までお連れし、もちろん頂きます。 細長い銀色のボティに赤いクチバシ、まじで・・・綺麗。苦労の末の釣果ということもあって、このままじっと眺めていたいところですが、せっかくの獲物ですし、新鮮なうちに捌いて刺身で頂きます! ここんところビクつきながら刺身を食べることが多かったのですが、今回に関しては・・・・不安はない。 捌き方については、刺身にする場合には普通の大名おろしでもいいようですが、いいろな料理に対応できる「開き」に挑戦。 開きには大きく背開きと腹開きがあります。参考動画を貼っておきます。 【腹開き】 【背開き】 今回は腹開きにチャレンジ!なんですが、適当にやったら結果たぶん腹開きだろ?というだけです。動画見て「色んな方法あるんだな~」と感心しました。 まず頭を落として腹を開き、内臓を取り出す。 綺麗な容姿とは反対に腹黒いのがサヨリ。綺麗なものには何かがあるもんです。サヨリの場合もこの黒い膜が臭みの元になりますので、しっかり取ります。水で流しながら指でゴシゴシすると簡単に取れるんで。 次に中骨と腹骨を包丁で切断、中骨を切り取ります。上の腹開きの動画では手で開いちゃってますね。ちなみにめんどくさかったんで最後まで腹骨は取りませんでした。細長いんで、腹骨のあるエリアもその分細長くて面倒くさいんですよね〜。結論的には全く気にならず、美味しく頂けましたよ! 開き完成! 天ぷらでもフライでも、干物でもいけちゃうオールマイティな捌き方になります。サヨリは刺身でも色々な切り方があるらしく、ここから色んな形に切っていくようです。 今回は一匹使って、上身と下身に分けてオーソドックス?な刺身にします。勝手にオーソドックスと言っているだけで、いつも通り「テキトー」なだけなんですけどね。というのも、この後泳がせで釣れた大物を捌く大仕事が待っていたので、サヨリにあまり時間を使えなかったのです。 ちなみに、サヨリは料理人の腕を見せる格好の素材らしく、ネットで検索すると色んな装飾的な切り方が出てきます。興味ある人はチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。僕ももっとたくさん釣ってサヨリの刺身三昧、やってみたい・・・・釣れればですけど。 皮は薄いので、包丁の瀬の部分を使うとうまく引けるみたいですよ~。僕は手でビリビリ剥いじゃいました。 僕は何も考えずに皮をゴミ箱にポイしちゃったんですけど、皮を串に巻きつけて炙って食べると美味しいらしいです。また釣れることがあったらチャレンジしてみたいです。→サヨリの皮の串焼き | いきいき七尾魚 上身と下見に分けて切っていくんですが、身が細いので斜めに長く切るとなんとなく「ぽく」なる気がします。 味なんですが・・・・ まぁ美味い! 前回食った刺身が荒川シーバスということもあってですね・・・またボウズ続きの末に釣り上げたこともあってですね・・・まぁ美味い!同居人らも喜んで食してくれました! 残りの三匹の処遇は後々考えるとして、この後ある大物の捌きには苦労しました・・・・・。 No Tsuri-ba! No Life!  家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン