ツリーバをご覧のみなさま、初めまして。
ツリーバの”エンジェル👼”ことオカメインコ🐦よ。

これまでは運営見習いとして主にTwitterを主戦場としていたの。
それが、今回晴れてライターデビューすることになったのよ。


■突然だけど、オカメ、現実逃避したくなる

初っ端からこんな話で恐縮だけど、実はオカメ、最近いろいろあってね。
このクソッタレな日常から解放されたくなったのよ。

あーもう仕事なんてしたくない。

Twitter見ながらウダウダしていたら、ちょうどこの子が目に入ったの。





あ、あれは、セツ子…!

セツ子って名前でいいんだっけ?まあ、いっか。


この前虎ノ門のお弁当屋さんに行ったじじぃさんが忘れていったのね。

最近じじぃさんはセツ子のことをぞんざいに扱っていて、セツ子を見ていると何となくオカメと重なるのよ。
涙が出ちゃうわ😢



よーし、こうなったら、オカメ1人&セツ子1体で傷ついた心を癒すわよー!!


■現実逃避したい時、何をしよう?

とはいったものの、セツ子と何をしようかしら。

現実逃避をする時は、ただ何となくダラダラのではなく、目的を持ってワクワクできることを行うといいらしいわね。

どこか遊びに行こうかしら。

…いや、軽く遊びなんかじゃなくて、もっと現実逃避できることがいいわね。



そうだ、にしよう!

旅であれば、日常から離れて非現実感を味わえることで、頭の中のモヤモヤをすっきりさせることができるわ。



善は急げということで、早速インターネットで検索検索っと。

「一人旅 国内」


おお、いろいろな観光地が出てきたわね。
京都、関西、金沢…


ん?


北海道!その中でも札幌!!


そうか、北の大地か!

何から逃げたい時って北へ向かいがちよね。

そうとなったら早めに飛行機とホテルを予約しておかないと…。
平日でいいや。



そんなわけで、3日後、オカメ1人&セツ子1体は羽田空港に向かったのよ。

羽田空港とセツ子
初めての羽田空港に驚きを隠せない(と思われる)セツ子

■どうして女ひとり旅の行先に札幌を選んだの?

決め手は3つあるわよ。

1. 公共交通機関のみで主要な観光スポットに移動可能

「北海道はでっかいどう!」って言われるように、北海道自体かなり広いので、広範囲で観光スポットを回ろうとすると、どうしても車が必要なのよね。
いちいちレンタカーを借りるのも面倒くさいじゃない。

その点、札幌の場合、最寄の空港である新千歳空港からJRの快速エアポートに乗れば、片道37分で行けちゃうのよ。
JR以外だと、ちょっと時間がかかっちゃうけど、バスっていう手もあるわね。
ちなみに、オカメ(+セツ子)は時間を取ってJRで移動したわよ。

札幌市内も地下鉄、バス、札幌市電(路面電車)が発達しているので、移動がラクチンよ。

2. とにかく食べ物がおいしい

札幌のご当地グルメといえば、

  • イクラがこぼれ落ちそうなくらい乗っている海鮮丼
  • ジンギスカン
  • 十勝豚丼
  • 札幌味噌ラーメン
  • 夜パフェ
  • スープカレー


suage+(すあげプラス)のパリパリ知床鶏と野菜カレー

  • えびそば


えびそば一幻(実は東京や台湾、香港でも食べられるけど、せっかくなので)


などが有名よね。

オカメが食べたご当地グルメのお店なんかもそうだけど、おひとりさま女子でも入りやすいお店が多いので、ご安心を!

3. でも…お高いんじゃない?いえいえ、実はお得なツアーがあるのよ

ツアーと聞くと団体ツアーを想像してしまいがちだけど、宿泊+航空券だけのパックもあるのよ。

比較・予約サイトから探すことをおすすめするわ。



いかがだったかしら?
現実逃避したくなったら、ふらっとひとり旅に行ってみてね。

次回は、オカメおすすめの札幌観光スポットをご紹介するわよ。
それじゃまたね。

No Tsuri-ba! No Life!

https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/06/sapporo.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/06/sapporo-150x150.jpgokameinko編集部オススメの記事オカメインコ,コーピング,ストレス発散,セツ子,一人旅,北海道,女ひとり旅,旅行,札幌,現実逃避ツリーバをご覧のみなさま、初めまして。ツリーバの”エンジェル👼”ことオカメインコ🐦よ。これまでは運営見習いとして主にTwitterを主戦場としていたの。それが、今回晴れてライターデビューすることになったのよ。 ■突然だけど、オカメ、現実逃避したくなる 初っ端からこんな話で恐縮だけど、実はオカメ、最近いろいろあってね。このクソッタレな日常から解放されたくなったのよ。あーもう仕事なんてしたくない。Twitter見ながらウダウダしていたら、ちょうどこの子が目に入ったの。あ、あれは、セツ子…! セツ子って名前でいいんだっけ?まあ、いっか。この前虎ノ門のお弁当屋さんに行ったじじぃさんが忘れていったのね。最近じじぃさんはセツ子のことをぞんざいに扱っていて、セツ子を見ていると何となくオカメと重なるのよ。涙が出ちゃうわ😢よーし、こうなったら、オカメ1人&セツ子1体で傷ついた心を癒すわよー!! ■現実逃避したい時、何をしよう? とはいったものの、セツ子と何をしようかしら。現実逃避をする時は、ただ何となくダラダラのではなく、目的を持ってワクワクできることを行うといいらしいわね。どこか遊びに行こうかしら。…いや、軽く遊びなんかじゃなくて、もっと現実逃避できることがいいわね。そうだ、旅にしよう!旅であれば、日常から離れて非現実感を味わえることで、頭の中のモヤモヤをすっきりさせることができるわ。善は急げということで、早速インターネットで検索検索っと。「一人旅 国内」おお、いろいろな観光地が出てきたわね。京都、関西、金沢…ん?北海道!その中でも札幌!!そうか、北の大地か!何から逃げたい時って北へ向かいがちよね。そうとなったら早めに飛行機とホテルを予約しておかないと…。平日でいいや。そんなわけで、3日後、オカメ1人&セツ子1体は羽田空港に向かったのよ。 初めての羽田空港に驚きを隠せない(と思われる)セツ子 ■どうして女ひとり旅の行先に札幌を選んだの? 決め手は3つあるわよ。 1. 公共交通機関のみで主要な観光スポットに移動可能 「北海道はでっかいどう!」って言われるように、北海道自体かなり広いので、広範囲で観光スポットを回ろうとすると、どうしても車が必要なのよね。いちいちレンタカーを借りるのも面倒くさいじゃない。その点、札幌の場合、最寄の空港である新千歳空港からJRの快速エアポートに乗れば、片道37分で行けちゃうのよ。JR以外だと、ちょっと時間がかかっちゃうけど、バスっていう手もあるわね。ちなみに、オカメ(+セツ子)は時間を取ってJRで移動したわよ。札幌市内も地下鉄、バス、札幌市電(路面電車)が発達しているので、移動がラクチンよ。 2. とにかく食べ物がおいしい 札幌のご当地グルメといえば、 イクラがこぼれ落ちそうなくらい乗っている海鮮丼 ジンギスカン 十勝豚丼 札幌味噌ラーメン 夜パフェ スープカレー suage+(すあげプラス)のパリパリ知床鶏と野菜カレー えびそば えびそば一幻(実は東京や台湾、香港でも食べられるけど、せっかくなので) などが有名よね。オカメが食べたご当地グルメのお店なんかもそうだけど、おひとりさま女子でも入りやすいお店が多いので、ご安心を! 3. でも…お高いんじゃない?いえいえ、実はお得なツアーがあるのよ ツアーと聞くと団体ツアーを想像してしまいがちだけど、宿泊+航空券だけのパックもあるのよ。 比較・予約サイトから探すことをおすすめするわ。 たびらい北海道ツアー エクスペディア じゃらんnet いかがだったかしら?現実逃避したくなったら、ふらっとひとり旅に行ってみてね。 次回は、オカメおすすめの札幌観光スポットをご紹介するわよ。それじゃまたね。No Tsuri-ba! No Life!手は震え、動悸も止まらない釣りWebフリーマガジン