こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

先日釣ったアカエイの解体は、「俺は人をバラしてんのか?」と錯覚するほどに魚とは思えぬお腹事情に驚愕。


他の部位は・・・・食べれるかもしれないんですけど、ねぇ・・・。丸っこいのやら、謎に緑がかった臓器やら。どっかに宇宙人が住んでんじぁねぇか?とも思えてくる。


唯一食べる決断をしたのが肝・レバーである。

以前釣った時も少し食べてみたのだが、どんな味だったか忘れてしまったので、再度チャレンジしてみることに。

レバーの塊を適当に切って、塩水で優しくモミモミし、血を出していく。そんなには出ないが、それでも少し水が濁ってきます。

ある程度血抜きが完了したら、煮ていきます。今回は完全に火を通したものと、軽く湯引いて刺身、の2品を作る予定。

魔女が毒リンゴ作るやつやん。

色がやばい。小さい頃に見た白雪姫のアニメで、魔女がこんな感じの鍋をかき混ぜていたが、あの原料は・・・まさかね。

備考録として記しておくと、エイの肝はアンコウの肝などと比べてかなり柔らかい。慎重に扱わないとすぐに崩れてしまいます。血抜きの時も慎重に扱う必要があるし、煮る時も弱火で煮た方がいいでしょう。

湯引いたものはスライスして刺身に、似たものはそのま食卓に並べてみました!

先ずは煮たヤツから。


めちゃくちゃ脆くて箸を指すと直ぐに崩れてしまいます。

味は・・・・僕の味覚がおかしいのかもしれませんが、蟹味噌の味がしました(; ) とは言っても、僕は軽い甲殻類アレルギーであまり蟹味噌を食べた経験がないのですが・・・でもその分、甲殻類の味には少し敏感なところがあるので。それにエイ特有のアンモニア臭は全然ありません。まぁ今回は身すら臭くなかったので心配はしていませんでしたが、以前食べた時も肝だけは匂いがなかったことだけは覚えています。

ちなみに、たまたま同居人があん肝を食べていたの食べ比べて見たんですが、全然違います。食感も味も。あん肝はあん肝、エイ肝はエイ肝です。


次に刺身なんですが・・・・煮たやつとの違いがわからん!
ドロドロ度もさほど変わらないし、味も変化したとは思えない。あえて刺身で食うメリットってあるのか・・・。

結論としては決して不味くはないです。ただ、この巨大な肝を全て素材のまま食らうのは、メンタル的にかなり厳しいものがありまして。

残りをどうしよう・・・・

その日は冷凍庫へ封印し、翌朝に処遇を決定することに。にしたんですが、かさばるんで・・・

とりあえず混ぜちゃえ。

とノリでペースト状にしてみたが・・・・

続き:深津さんが出してくれれば・・・アカエイの●コ・・じゃなくて肝トーストで爽やかな朝食を!

No Tsuri-ba! No Life!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_1647.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_1647-150x150.jpg友益石崎釣りTALKアカエイ,料理,肝こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 先日釣ったアカエイの解体は、「俺は人をバラしてんのか?」と錯覚するほどに魚とは思えぬお腹事情に驚愕。 他の部位は・・・・食べれるかもしれないんですけど、ねぇ・・・。丸っこいのやら、謎に緑がかった臓器やら。どっかに宇宙人が住んでんじぁねぇか?とも思えてくる。 唯一食べる決断をしたのが肝・レバーである。 以前釣った時も少し食べてみたのだが、どんな味だったか忘れてしまったので、再度チャレンジしてみることに。 レバーの塊を適当に切って、塩水で優しくモミモミし、血を出していく。そんなには出ないが、それでも少し水が濁ってきます。 ある程度血抜きが完了したら、煮ていきます。今回は完全に火を通したものと、軽く湯引いて刺身、の2品を作る予定。 魔女が毒リンゴ作るやつやん。 色がやばい。小さい頃に見た白雪姫のアニメで、魔女がこんな感じの鍋をかき混ぜていたが、あの原料は・・・まさかね。 備考録として記しておくと、エイの肝はアンコウの肝などと比べてかなり柔らかい。慎重に扱わないとすぐに崩れてしまいます。血抜きの時も慎重に扱う必要があるし、煮る時も弱火で煮た方がいいでしょう。 湯引いたものはスライスして刺身に、似たものはそのま食卓に並べてみました! 先ずは煮たヤツから。 めちゃくちゃ脆くて箸を指すと直ぐに崩れてしまいます。 味は・・・・僕の味覚がおかしいのかもしれませんが、蟹味噌の味がしました(⌒-⌒; ) とは言っても、僕は軽い甲殻類アレルギーであまり蟹味噌を食べた経験がないのですが・・・でもその分、甲殻類の味には少し敏感なところがあるので。それにエイ特有のアンモニア臭は全然ありません。まぁ今回は身すら臭くなかったので心配はしていませんでしたが、以前食べた時も肝だけは匂いがなかったことだけは覚えています。 ちなみに、たまたま同居人があん肝を食べていたの食べ比べて見たんですが、全然違います。食感も味も。あん肝はあん肝、エイ肝はエイ肝です。 次に刺身なんですが・・・・煮たやつとの違いがわからん! ドロドロ度もさほど変わらないし、味も変化したとは思えない。あえて刺身で食うメリットってあるのか・・・。 結論としては決して不味くはないです。ただ、この巨大な肝を全て素材のまま食らうのは、メンタル的にかなり厳しいものがありまして。 残りをどうしよう・・・・ その日は冷凍庫へ封印し、翌朝に処遇を決定することに。にしたんですが、かさばるんで・・・ とりあえず混ぜちゃえ。 とノリでペースト状にしてみたが・・・・ 続き:深津さんが出してくれれば・・・アカエイの●コ・・じゃなくて肝トーストで爽やかな朝食を! No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン