皆さま。こんにちは。
ツリーバのヴィーナス、おかしなまちおかです。

毎日、SNSでアングラーさんの釣果を、
いいなぁ~羨ましいなぁ~って見ているまちおかです。

本来なら、そろそろ宇和島に行っている時期だったのですが、
いろいろありまして、少し延期になっております。
夏にはいけるのではないかなと、それだけを楽しみにしている今日この頃です。

宇和島に行ったときに、宇和島のお父さんと一緒に釣りをしながら、
お魚の話ができるようにと思い、今日も気になるお魚について調べてみようと思います。

途中、頭の中ぐちゃぐちゃになるんですけど、
ぜひ今日も最後までお付き合いいただけましたら嬉しいです。

編集長がGWにシロギスとメゴチを釣って、家族みんなで楽しく天ぷらにしていました。
このこの記事ですね。

その釣果はこちら↓

シロギス、きれいな色していますね。美味しそうですね。
この写真を見たときに、一番右のお魚が変わった形しているなぁと思いました。

ということで、本日の主役はこの子「メゴチ」です。

編集長の釣果の写真を見ていて、一匹だけたまたまメゴチが釣れたんだな~って思っていたら、メゴチはキス釣りの外道だとか。

外道??
ちゃんと前回調べたのを覚えています。
狙った種類以外が釣れたときの魚の事ですよね。

GWにキスを狙ってた編集長親子。
その親子の釣り竿に、たまたまメゴチがひかったということですね。

そして。

たまったまなのですが、メゴチをマゴチってまちおか間違って言ったわけです。そうするとそれを聞いていた、ナカガワくんが言いました。

ナ「まちおかちゃん、それマゴチじゃなくってメゴチだよ。」

あーまちがった。

ナ「でも、マゴチっていう魚もいるよ。
メゴチとマゴチは別のお魚。そしてマゴチのほうがビッグだよ。」

ほうほう。

ナ「前に、僕が真鶴でメゴチ釣ってただろ。見てごらんよ!」

見つけました。これですね。
ナカガワくんが釣っていたメゴチはこれ。

あーたしかに、この記事でメゴチとマゴチが登場していますね。
でも、最後はメゴチがフグに変わってしまっていますね。笑

【神奈川の釣り】冬の真鶴港では何が釣れるのか?メゴチ食べたいな♪あれも釣れちゃう?~真鶴篇~

 

「メゴチ」と「マゴチ」のように、
一文字間違ってしまうことや、誤変換してしまうことは、
まちおかには日常茶飯事のことです。
ですので、ツリーバの変種部の人は、いまや何にもおどろきません。

とりあえず、カタカナがすこぶる弱いので笑、
「アオイソメ」を「アイオソメ」だと思い込んでいたり、魚の名前を覚えるのが難しかったり、
「まちおかパート」が「まちおかパーツ」になっていたり。

「ツリーバ」って変換したつもりが「通リーバ」になっていたり、
「編集長」って変換が「変主張」になってたり、でもあながち間違っていない変換だったり。

そんな毎日です。

と、話がすっかりそれてしまったので、戻します。
ここからが本日の本題でございます。

”メゴチ”を調べるつもりでしたが、いい機会なので、一文字違いの”マゴチ”についても調べてみます。

メゴチって検索していると、”ネズミゴチ”とか”ガッチョ”とか出てきました。
なんだか釣れてもそんな喜べないみたいなネーミングな気がしつつも、
やっぱりお魚の地方名って面白いですね。

ここからです!
まちおかの頭ごちゃごちゃになったのは・・・

メゴチの地方名が”ネズミゴチ”とか”ガッチョ”だと思っていたら、
全く別のお魚だそうじゃないですか!


でも、メゴチ(ネズミゴチ)とかって書いてあったり、
メゴチをネズミゴチって書いてあったり、ガッチョってかいてあったりしたので、
もうまちおかには何が正解かさっぱりわかりません。

あかん!
頭ごっちゃごちゃになってきました!!
何が正解???

Wikipediaに・・・
似て非なるものである。
って書いてありました。

本物のメゴチと、偽物のメゴチがあるってことなんですよね・・?!

この子は・・・
本物のメゴチ?偽物のメゴチ?

ナカガワくんに聞きました。

ま「ねぇ、メゴチとネズミゴチって別のお魚なの?」

ナ「僕も初めて知ったよ、まちおかちゃん。」

ナカガワくんも知らなかったようで、
これ以上教えてくれませんでした。

とりあえず今日も属性から。(Wikipediaより)
———————————————————–

メゴチ:カサゴ目コチ科
マゴチ:カサゴ目コチ科
ネズミゴチ:スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科

———————————————————–

全く別のお魚ですね。
ネズッポ科ってすごい名前ですね。
どうして昔の人はこんなお名前にしたのかしら。

そして、書いてありました。

ネズミゴチ:地方名で「メゴチ」と呼ばれることが多いが、
カサゴ目コチ科に属するメゴチ(標準和名)とは別種である。

!!!!

まちおか、すっきり♡

ほんと面白いですね。
別のお魚なのに、地方名だったり、
アングラーさんのお魚の呼び名だったりで、同じ名前になってしまったりするんですね。

お魚のことわからないまちおかにとっては、もうごっちゃごちゃですね。

これはマゴチみたいですね。
かなり大きいサイズですね。

口を挟んでいるのはなんでしょうか。
これが釣り具の「メゴチはさみ」?

メゴチにもマゴチにも、棘があるようで、素手だと危ないって書いてあったりしたので、こういうハサミを使うんですね。

続いて、特徴
———————————————————–

✓メゴチは、マゴチより小型

✓メゴチは、雄として成熟して繁殖に参加した後、
雌に性転換して繁殖に参加する雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)するけど、
マゴチは性転換しない。

→メゴチと同じように性転換お魚がいた気がする・・・
あっ!ナカガワくんがいつも釣りまくっているベラ!

✓ネズミゴチを目当てに釣りをする人は少ないが、
キス釣りでよく釣れる外道として知られているけど、
マゴチは釣り人にも人気で高級魚。

———————————————————–

とかとか、全然違うお魚ってことがよくわかりました。
メゴチとマゴチは、色でも見分けやすいようですね。

調べているときに、
まちおかの気になるがもうひとつ・・・

メゴチ風なお魚に、異臭を放つお魚がいるんだってこと。

ますます見分けられなさそうです。
ますます頭の中がごちゃごちゃになりそうです。

ここまでいろいろ調べてきましたが・・・

メゴチとマゴチとネズミゴチは、魚の種類として別のお魚ということはわかったのですが、
これじゃ釣りあげても、まちおかにはどれがどれだかわからない気がします。

そして、ナカガワくんが釣っていたのは・・・
本当にメゴチだったのか?もしや、ネズミゴチだったのではないか?!

と、疑問がたくさん残りました。

長くなってしまったので、
メゴチとマゴチとネズミゴチの違いは次回に。

そして、調べていて気になった、
メゴチっぽいけどメゴチじゃない&異臭を放つお魚についても次回調べたいと思います。

皆さま、しばらくお待ちくださいませ。

 

おまけ

ナ「まちおかちゃん、いい写真みつけたよ!チャットで送るね。」
と、送られてきたのが・・・

!!!!

ナ「マゴチのミイラだよ。」

今日も絶好調のナカガワくんでした。

ナカガワくん以外の誰か、私を釣りに連れていって。ではまた次回♡
No Tsuri-Ba! No Life!

 

 

https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/06/megochi_top-1021x630.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/06/megochi_top-150x150.jpgtsuri-ba釣りTALKネズミゴチ,マゴチ,メゴチ,釣りの外道皆さま。こんにちは。ツリーバのヴィーナス、おかしなまちおかです。 毎日、SNSでアングラーさんの釣果を、いいなぁ~羨ましいなぁ~って見ているまちおかです。 本来なら、そろそろ宇和島に行っている時期だったのですが、いろいろありまして、少し延期になっております。夏にはいけるのではないかなと、それだけを楽しみにしている今日この頃です。 宇和島に行ったときに、宇和島のお父さんと一緒に釣りをしながら、お魚の話ができるようにと思い、今日も気になるお魚について調べてみようと思います。途中、頭の中ぐちゃぐちゃになるんですけど、ぜひ今日も最後までお付き合いいただけましたら嬉しいです。 編集長がGWにシロギスとメゴチを釣って、家族みんなで楽しく天ぷらにしていました。このこの記事ですね。 その釣果はこちら↓ シロギス、きれいな色していますね。美味しそうですね。この写真を見たときに、一番右のお魚が変わった形しているなぁと思いました。 ということで、本日の主役はこの子「メゴチ」です。 編集長の釣果の写真を見ていて、一匹だけたまたまメゴチが釣れたんだな~って思っていたら、メゴチはキス釣りの外道だとか。 外道??ちゃんと前回調べたのを覚えています。狙った種類以外が釣れたときの魚の事ですよね。 GWにキスを狙ってた編集長親子。その親子の釣り竿に、たまたまメゴチがひかったということですね。 そして。 たまったまなのですが、メゴチをマゴチってまちおか間違って言ったわけです。そうするとそれを聞いていた、ナカガワくんが言いました。 ナ「まちおかちゃん、それマゴチじゃなくってメゴチだよ。」 あーまちがった。 ナ「でも、マゴチっていう魚もいるよ。メゴチとマゴチは別のお魚。そしてマゴチのほうがビッグだよ。」 ほうほう。 ナ「前に、僕が真鶴でメゴチ釣ってただろ。見てごらんよ!」 見つけました。これですね。ナカガワくんが釣っていたメゴチはこれ。 あーたしかに、この記事でメゴチとマゴチが登場していますね。でも、最後はメゴチがフグに変わってしまっていますね。笑 https://tsuri-ba.net/?p=16530   「メゴチ」と「マゴチ」のように、一文字間違ってしまうことや、誤変換してしまうことは、まちおかには日常茶飯事のことです。ですので、ツリーバの変種部の人は、いまや何にもおどろきません。 とりあえず、カタカナがすこぶる弱いので笑、「アオイソメ」を「アイオソメ」だと思い込んでいたり、魚の名前を覚えるのが難しかったり、「まちおかパート」が「まちおかパーツ」になっていたり。「ツリーバ」って変換したつもりが「通リーバ」になっていたり、「編集長」って変換が「変主張」になってたり、でもあながち間違っていない変換だったり。そんな毎日です。 と、話がすっかりそれてしまったので、戻します。ここからが本日の本題でございます。 ”メゴチ”を調べるつもりでしたが、いい機会なので、一文字違いの”マゴチ”についても調べてみます。 メゴチって検索していると、”ネズミゴチ”とか”ガッチョ”とか出てきました。なんだか釣れてもそんな喜べないみたいなネーミングな気がしつつも、やっぱりお魚の地方名って面白いですね。 ここからです!まちおかの頭ごちゃごちゃになったのは・・・ メゴチの地方名が”ネズミゴチ”とか”ガッチョ”だと思っていたら、全く別のお魚だそうじゃないですか! でも、メゴチ(ネズミゴチ)とかって書いてあったり、メゴチをネズミゴチって書いてあったり、ガッチョってかいてあったりしたので、もうまちおかには何が正解かさっぱりわかりません。 あかん!頭ごっちゃごちゃになってきました!!何が正解??? Wikipediaに・・・似て非なるものである。って書いてありました。 本物のメゴチと、偽物のメゴチがあるってことなんですよね・・?! この子は・・・本物のメゴチ?偽物のメゴチ? ナカガワくんに聞きました。 ま「ねぇ、メゴチとネズミゴチって別のお魚なの?」 ナ「僕も初めて知ったよ、まちおかちゃん。」 ナカガワくんも知らなかったようで、これ以上教えてくれませんでした。 とりあえず今日も属性から。(Wikipediaより)----------------------------------------------------------- メゴチ:カサゴ目コチ科マゴチ:カサゴ目コチ科ネズミゴチ:スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科 ----------------------------------------------------------- 全く別のお魚ですね。ネズッポ科ってすごい名前ですね。どうして昔の人はこんなお名前にしたのかしら。 そして、書いてありました。 ネズミゴチ:地方名で「メゴチ」と呼ばれることが多いが、カサゴ目コチ科に属するメゴチ(標準和名)とは別種である。 !!!! まちおか、すっきり♡ ほんと面白いですね。別のお魚なのに、地方名だったり、アングラーさんのお魚の呼び名だったりで、同じ名前になってしまったりするんですね。 お魚のことわからないまちおかにとっては、もうごっちゃごちゃですね。 これはマゴチみたいですね。かなり大きいサイズですね。 口を挟んでいるのはなんでしょうか。これが釣り具の「メゴチはさみ」? メゴチにもマゴチにも、棘があるようで、素手だと危ないって書いてあったりしたので、こういうハサミを使うんですね。 続いて、特徴----------------------------------------------------------- ✓メゴチは、マゴチより小型 ✓メゴチは、雄として成熟して繁殖に参加した後、雌に性転換して繁殖に参加する雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)するけど、マゴチは性転換しない。 →メゴチと同じように性転換お魚がいた気がする・・・あっ!ナカガワくんがいつも釣りまくっているベラ! ✓ネズミゴチを目当てに釣りをする人は少ないが、キス釣りでよく釣れる外道として知られているけど、マゴチは釣り人にも人気で高級魚。 ----------------------------------------------------------- とかとか、全然違うお魚ってことがよくわかりました。メゴチとマゴチは、色でも見分けやすいようですね。 調べているときに、まちおかの気になるがもうひとつ・・・ メゴチ風なお魚に、異臭を放つお魚がいるんだってこと。 ますます見分けられなさそうです。ますます頭の中がごちゃごちゃになりそうです。 ここまでいろいろ調べてきましたが・・・ メゴチとマゴチとネズミゴチは、魚の種類として別のお魚ということはわかったのですが、これじゃ釣りあげても、まちおかにはどれがどれだかわからない気がします。 そして、ナカガワくんが釣っていたのは・・・本当にメゴチだったのか?もしや、ネズミゴチだったのではないか?! と、疑問がたくさん残りました。 長くなってしまったので、メゴチとマゴチとネズミゴチの違いは次回に。 そして、調べていて気になった、メゴチっぽいけどメゴチじゃない&異臭を放つお魚についても次回調べたいと思います。 皆さま、しばらくお待ちくださいませ。   おまけ ナ「まちおかちゃん、いい写真みつけたよ!チャットで送るね。」と、送られてきたのが・・・!!!! ナ「マゴチのミイラだよ。」 今日も絶好調のナカガワくんでした。 ナカガワくん以外の誰か、私を釣りに連れていって。ではまた次回♡No Tsuri-Ba! No Life!    手は震え、動悸も止まらない釣りWebフリーマガジン