こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

以前の記事で、市原イナダフィーバーにおける場所取りの過酷さをお伝えしました!

考えの甘さもあって、6時過ぎに到着した僕には、桟橋外側のいいポイントは残されていませんでした・・・。
場所取り戦争に勝ぁつ!市原のイナダフィーバーに乗っかるのに、まず必要なこと。

僕はその日内側でイナダが釣れたのを見かけなかったのですが、同じ日に内側で釣れたよ~ってコメントも頂いたので、場所取り戦争に敗れても諦めないでくださいね!

前乗りまでして場所が取れなかった絶望から、諦め半分、「内側でも可能性があるはず!」という期待半分を胸に、桟橋千葉側の内向きにポジショニング。プランとしてはサビキで小物を釣り、泳がせてイナダをゲットする作戦。

今回は自作のコンドームサビキなど使ってる暇はない。以前若洲海浜公園で購入した既製品のサビキセットを使用し、ひたすらトントンする。


が、全くこない。他方で、桟橋外側では次々にしなる竿・・・まさに天国と地獄です。

泳がせでの大物狙いの怖さ・・・・・それは

そもそも泳がせる魚が釣れない可能性。

よくよく考えてみると、イナダフィーバーは釣り人にとっては嬉しい現象だが、裏を返せば、海中の小魚達にとっては生き残りをかけた緊急事態である。そんな状態で小魚達が呑気にコマセを食らう状況作りというのは難しそうだ。

事後的な判断になるが、この日の市原海釣り公園の釣果情報では、アジ、サッパなどの小魚の釣果はそれぞれ一桁代。イワシに至っては釣果情報すらなかった。

かろうじて釣れたのが・・・・


アジ!

イナダフィーバー中の市原ではイナダよりレアな存在で、しかも20cmくらいでサイズもいい!周囲が釣れない中、一人釣り釣り上げられたのは嬉しいが・・・

でかすぎるよ!

てかなぜ今?普段のサビキ釣りでならめっちゃ喜びますよ!普通に刺身にできちゃうレベルですし!でも今回は泳がせてイナダを釣らなきゃならないのに・・・・
これを泳がせたらいったい何が来るんだ?
ワカシ?イナダ?・・・いやいやブリでしょ!
という微かな期待を持って泳がせてみたのですが、ダメでした。
まぁそもそもブリサイズなんて回ってきてないでしょうし、かかったとしても僕の小物タックルじゃ歯が立ちません。

その後、サビキ仕掛けに5gジグをつけてカマスを狙ってみたり


引き釣りでキスを狙ってみたり

いろいろやってみましたが、釣れたのはアジ1匹のみ。
前乗り且つほぼ寝ずに市原海釣り施設まで来て、悲しすぎますわ・・・
このままオメオメ帰るのか・・・・いや帰れません。

今日は市原に連泊し、明日は絶対イナダを釣り上げる!
だが、考えるべきは今のスタイルを続けるかどうかだ。
サビキで小物を釣ってそれを泳がせ、イナダを釣る。一見簡単かつ確率が高そうとも思えるが・・・・
釣れる気がしねぇ。
ならどうするか・・・・

行って初めて気づいたのだが、現在フィーバー中の市原での多数派はルアー。2m間隔で釣り人が並んでお祭り必至でキャストを繰り返している。総合的に考えると、ルアーを使ったほうがイナダが釣れる可能性は高くなりそうだ。

僕はサビキで小物を釣って泳がせて釣る気できていたので、ルアーは用意していない。ていうか、元々ほとんど持っていない。ツリーバでいうとルアーが得意なのは編集長。編集長があまりやらない釣りスタイルを貫いてこそ価値があるという信念を持っているのだ。

とはいいものの、ちょくちょくルアーをやっちゃう程にラフな信念。かろうじて持参したルアーが・・・


gジグと荒川で拾ったノイジー。

ポッパーは試す気にもなれない。ジグはウキに長いハリスをつけてトローリングすることも考えたが、混雑する海釣り施設ではキャストが危険すぎる。

ならどうするか?

もういい!買うよ!信念なんて糞食らえ!

・・・・・

問題はまだある。

持参した竿、というか持っている竿は全て持ってきたのだが、2m以下の短竿達と3mのサビキ用安物竿、それに対高洲海浜公園用に買った5.4mの磯竿のみ。そんなホイホイ何本も竿を買っている余裕なんてないので、少ない竿でできるだけ頑張ろうと決めていたのだ。

だが、とても28gジグを遠投して操作することはできなそうだ。

ならどうするか?

買うよ!買いますよ!節約なんて糞食らえ!

中古釣り具店でシーバスロッド買ってやりました。

・・・・

さて、あとはネカフェで泊まって英気を養う・・・・つもりだったが、
財布が軽すぎる。
予想外の出費だったし、ネカフェといえどこれ以上金を使いたくない・・・

今日は養老川でゆっくり寝ますね。下がボコボコで痛いけど。

明日は絶対戦争に打ち勝つ!

続く:【イナダ釣行】祝、戦勝!釣り場争奪冷戦記(市原釣行二日目①)

No Tsuri-ba No Life


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_0791.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/10/IMG_0791-150x150.jpg友益石崎海釣りアジ,イナダ,サビキ,市原海釣り施設,泳がせこんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 以前の記事で、市原イナダフィーバーにおける場所取りの過酷さをお伝えしました! 考えの甘さもあって、6時過ぎに到着した僕には、桟橋外側のいいポイントは残されていませんでした・・・。 →場所取り戦争に勝ぁつ!市原のイナダフィーバーに乗っかるのに、まず必要なこと。 僕はその日内側でイナダが釣れたのを見かけなかったのですが、同じ日に内側で釣れたよ~ってコメントも頂いたので、場所取り戦争に敗れても諦めないでくださいね! 前乗りまでして場所が取れなかった絶望から、諦め半分、「内側でも可能性があるはず!」という期待半分を胸に、桟橋千葉側の内向きにポジショニング。プランとしてはサビキで小物を釣り、泳がせてイナダをゲットする作戦。 今回は自作のコンドームサビキなど使ってる暇はない。以前若洲海浜公園で購入した既製品のサビキセットを使用し、ひたすらトントンする。 が、全くこない。他方で、桟橋外側では次々にしなる竿・・・まさに天国と地獄です。 泳がせでの大物狙いの怖さ・・・・・それは そもそも泳がせる魚が釣れない可能性。 よくよく考えてみると、イナダフィーバーは釣り人にとっては嬉しい現象だが、裏を返せば、海中の小魚達にとっては生き残りをかけた緊急事態である。そんな状態で小魚達が呑気にコマセを食らう状況作りというのは難しそうだ。 事後的な判断になるが、この日の市原海釣り公園の釣果情報では、アジ、サッパなどの小魚の釣果はそれぞれ一桁代。イワシに至っては釣果情報すらなかった。 かろうじて釣れたのが・・・・ アジ! イナダフィーバー中の市原ではイナダよりレアな存在で、しかも20cmくらいでサイズもいい!周囲が釣れない中、一人釣り釣り上げられたのは嬉しいが・・・ でかすぎるよ! てかなぜ今?普段のサビキ釣りでならめっちゃ喜びますよ!普通に刺身にできちゃうレベルですし!でも今回は泳がせてイナダを釣らなきゃならないのに・・・・ これを泳がせたらいったい何が来るんだ? ワカシ?イナダ?・・・いやいやブリでしょ! という微かな期待を持って泳がせてみたのですが、ダメでした。 まぁそもそもブリサイズなんて回ってきてないでしょうし、かかったとしても僕の小物タックルじゃ歯が立ちません。 その後、サビキ仕掛けに5gジグをつけてカマスを狙ってみたり 引き釣りでキスを狙ってみたり いろいろやってみましたが、釣れたのはアジ1匹のみ。 前乗り且つほぼ寝ずに市原海釣り施設まで来て、悲しすぎますわ・・・ このままオメオメ帰るのか・・・・いや帰れません。 今日は市原に連泊し、明日は絶対イナダを釣り上げる! だが、考えるべきは今のスタイルを続けるかどうかだ。 サビキで小物を釣ってそれを泳がせ、イナダを釣る。一見簡単かつ確率が高そうとも思えるが・・・・ 釣れる気がしねぇ。 ならどうするか・・・・ 行って初めて気づいたのだが、現在フィーバー中の市原での多数派はルアー。2m間隔で釣り人が並んでお祭り必至でキャストを繰り返している。総合的に考えると、ルアーを使ったほうがイナダが釣れる可能性は高くなりそうだ。 僕はサビキで小物を釣って泳がせて釣る気できていたので、ルアーは用意していない。ていうか、元々ほとんど持っていない。ツリーバでいうとルアーが得意なのは編集長。編集長があまりやらない釣りスタイルを貫いてこそ価値があるという信念を持っているのだ。 とはいいものの、ちょくちょくルアーをやっちゃう程にラフな信念。かろうじて持参したルアーが・・・ 5gジグと荒川で拾ったノイジー。 ポッパーは試す気にもなれない。ジグはウキに長いハリスをつけてトローリングすることも考えたが、混雑する海釣り施設ではキャストが危険すぎる。 ならどうするか? もういい!買うよ!信念なんて糞食らえ! ・・・・・ 問題はまだある。 持参した竿、というか持っている竿は全て持ってきたのだが、2m以下の短竿達と3mのサビキ用安物竿、それに対高洲海浜公園用に買った5.4mの磯竿のみ。そんなホイホイ何本も竿を買っている余裕なんてないので、少ない竿でできるだけ頑張ろうと決めていたのだ。 だが、とても28gジグを遠投して操作することはできなそうだ。 ならどうするか? 買うよ!買いますよ!節約なんて糞食らえ! 中古釣り具店でシーバスロッド買ってやりました。 ・・・・ さて、あとはネカフェで泊まって英気を養う・・・・つもりだったが、 財布が軽すぎる。 予想外の出費だったし、ネカフェといえどこれ以上金を使いたくない・・・ 今日は養老川でゆっくり寝ますね。下がボコボコで痛いけど。 明日は絶対戦争に打ち勝つ! 続く:【イナダ釣行】祝、戦勝!釣り場争奪冷戦記(市原釣行二日目①) No Tsuri-ba No Life家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン