※以下、太字部分の「あ、う、お」は前に「わいキー」がある事を前提にお読みください。

初めまして!ツリーバ新入ライターのイシザキです!

初めましてで謝罪から入らねばなりません。こんな記事を書かせてもらうことになってお恥ずかしいですが、実は僕のPCは、

「わいキー」が効かないんです。

正確には指圧師並みのプレッシャーをかけてると言う事を聞いてくれることがあるのですが、今日はその秘技も効かず・・・ご迷惑をおかけします。

ツリーバGMモリりMacが支給されたのですが、

まさかの起動不可。

復旧まであと少々時間がかかるということで、しばし暗号文ごっこにお付き合い願えればと思います。

さて、改めまして、これからツリーバのライターとして記事を書いていくことになりましたイシザキです。これからツリーバ記事をどんどん書いていこうと思います。どうか暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

簡単に僕のステータスを挙げておこうと思います。

・性別:男
・出身:島根
・現在の生活:一部屋20人のタコ部屋で共同生活中
・装備:名も知らぬ韓国人からの贈り物「K2」

このうにさして特徴もない普通の男です。今後、いろんな記事を書いていく中で僕の事を知っていただけたらと思います。

「K2」に関してはなんのこっちゃって感じなんで少し捕捉しときますね。

半年くらい前だったか、地元にある砂浜で釣りをしていたら予想外に急な波に襲われて、ズボンがびちゃびちゃになっちゃったんです。

こんなんで車に乗りたくない!

と思い、乾くまで浜を散歩しているとちょうどく、カラッカラに乾いた「K2」という名を冠したズボンが落ちいたんです。

僕の地元島根は大陸と近いこともあり、く韓国からの漂流物が流れ着くんですね。案の定「K2」にも韓国語のタグがついており、おそらく韓国からって来たものと考えられるのです。

「名もなき韓国の方、ありがとう。これでお家に帰れます」

と感謝を述べてその場で装着、帰路につきました。

その後、妙な愛着が湧いてそのまま東京へ向かい、装備品K2のままツリーバの一員になりました。

現在では、びちゃびちゃのズボンと「K2」の2トップで日々のおしゃれ?を満喫しています。

「名もなき韓国の方」、今頃何をなさっているか存じませんが、

安心してください。ちゃんと履いてますから。

次に僕の釣り歴について簡単にお伝えしますね。

一番古い記憶は編集長ヒビヤと同じくハゼ釣りですかね。僕の実家から車で一時間くらい走ったところにシジミがけにいるってんで有名な湖があるんです

そこで毎年ハゼをつるってのが我が家の毎年の恒例行事だったんです。朝3時くらいに家を出発し、朝5時くらいからハゼを釣り、夜には天ぷらにして頂く。

卓上にコンロ・油を入れた鍋を乗せ、釣ったハゼを次々にダイブさせ、胸焼け覚悟で天ぷらを喰らっていました。

その後も川海で友達と魚を取ったり、近所のおっちゃんにくっついて渓流釣りに出かけたりしていました。

釣りだけでなく、素潜りも大好きでしたね。耳が「きゅぅぅ」っていうのに耐えながら、岩の隙間にいる魚を見つけるワクワク感はたまりません。

高校卒業後に上京してからは釣りをすることも少なくなっていましたが、ここ数年間で再び釣りをする機会が増えて童心を取り戻しつつあります。

そんな中、ツリーバライターとして釣りの記事を書くことになり現在に至るわけです。

こんな形で釣りをするなんて思ってもいませんでしたが・・・・

長くなってもあれなんで、これくらいにしておきます。

これから、そんな魚に恋した哀れな大人の記録をお伝えしていきますね。

初めてで緊張しますが、どうかご唱和を!

No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/06/IMG_2881.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/06/IMG_2881-150x150.jpg友益石崎釣りTALKK2,タコ部屋,ライターイシザキ,新人,釣り※以下、太字部分の「あ、う、お」は前に「わいキー」がある事を前提にお読みください。 初めまして!ツリーバ新入ライターのイシザキです! 初めましてで謝罪から入らねばなりません。こんな記事を書かせてもらうことになってお恥ずかしいですが、実は僕のPCは、 「わいキー」が効かないんです。 正確には指圧師並みのプレッシャーをかけてあると言う事を聞いてくれることがあるのですが、今日はその秘技も効かず・・・ご迷惑をおかけします。 ツリーバGMモリおりMacが支給されたのですが、 まさかの起動不可。 復旧まであと少々時間がかかるということで、しばし暗号文ごっこにお付き合い願えればと思います。 さて、改めまして、これからツリーバのライターとして記事を書いていくことになりましたイシザキです。これからツリーバ記事をどんどん書いていこうと思います。どうか暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。 簡単に僕のステータスを挙げておこうと思います。 ・性別:男 ・出身:島根 ・現在の生活:一部屋20人のタコ部屋で共同生活中 ・装備:名も知らぬ韓国人からの贈り物「K2」 このおうにさして特徴もない普通の男です。今後、いろんな記事を書いていく中で僕の事を知っていただけたらと思います。 「K2」に関してはなんのこっちゃって感じなんで少し捕捉しときますね。 半年くらい前だったか、地元にある砂浜で釣りをしていたら予想外に急な波に襲われて、ズボンがびちゃびちゃになっちゃったんです。 こんなんで車に乗りたくない! と思い、乾くまで浜を散歩しているとちょうどおく、カラッカラに乾いた「K2」という名を冠したズボンが落ちいたんです。 僕の地元島根は大陸と近いこともあり、おく韓国からの漂流物が流れ着くんですね。案の定「K2」にも韓国語のタグがついており、おそらく韓国からあって来たものと考えられるのです。 「名もなき韓国の方、ありがとう。これでお家に帰れます」 と感謝を述べてその場で装着、帰路につきました。 その後、妙な愛着が湧いてそのまま東京へ向かい、装備品K2のままツリーバの一員になりました。 現在では、びちゃびちゃのズボンと「K2」の2トップで日々のおしゃれ?を満喫しています。 「名もなき韓国の方」、今頃何をなさっているか存じませんが、 安心してください。ちゃんと履いてますから。 次に僕の釣り歴について簡単にお伝えしますね。 一番古い記憶は編集長ヒビヤと同じくハゼ釣りですかね。僕の実家から車で一時間くらい走ったところにシジミがあけにいるってんで有名な湖があるんですお。 そこで毎年ハゼをつるってのが我が家の毎年の恒例行事だったんです。朝3時くらいに家を出発し、朝5時くらいからハゼを釣り、夜には天ぷらにして頂く。 卓上にコンロ・油を入れた鍋を乗せ、釣ったハゼを次々にダイブさせ、胸焼け覚悟で天ぷらを喰らっていました。 その後も川あ海で友達と魚を取ったり、近所のおっちゃんにくっついて渓流釣りに出かけたりしていました。 釣りだけでなく、素潜りも大好きでしたね。耳が「きゅぅぅ」っていうのに耐えながら、岩の隙間にいる魚を見つけるワクワク感はたまりません。 高校卒業後に上京してからは釣りをすることも少なくなっていましたが、ここ数年間で再び釣りをする機会が増えて童心を取り戻しつつあります。 そんな中、ツリーバライターとして釣りの記事を書くことになり現在に至るわけです。 こんな形で釣りをするなんて思ってもいませんでしたが・・・・ 長くなってもあれなんで、これくらいにしておきます。 これから、そんな魚に恋した哀れな大人の記録をお伝えしていきますね。 初めてで緊張しますが、どうかご唱和を! No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン