こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

【心霊+釣り】忠犬ちゅら公召喚!コンドーム浮きで姫を誘う・・・の続きです。

照姫さんの本拠地である公園の西側、三宝寺池に向かいます。向かう途中、ひょうたん池付近でちょっとザリガニを釣ることに。昼間は子供たちで賑やかだったひょうたん池も照姫さんを恐れたのか、ザリガニ釣りなどする人はおらず。

実は昼間ザリガニ釣りをしようかとも思ったのですが、少年少女が楽しむ中でおっさん一人せっせと彼・彼女らの遊び相手を乱獲するのは気が引けたのです。

それに、今までの経験上、エビっぽいやつは夜活発に動きだすことを知っていたので、夜でも問題ないだろうと後回しにしていました。

案の定ライトを当ててみるとうじゃうじゃいます。

昼間の親子達がおいて行ったザリガニ仕掛けを回収し、再利用。

  

ヘッドライトをつけたおっさん二人、更にそこにたまたま知り合ったおっさん一人を加えた3匹のおっさんは真夜中のひょうたん池でバシャバシャ。ちょっとした心霊現象よりも恐ろしい光景であろうが、大きなザリガニを釣り上げることができ、まぁ楽しむことができました。

いよいよ三宝寺池に突入。

 


とにかく暗い・・・。僕の持っているボロいiphoneでは、暗すぎて心霊写真どころかうまく撮影することができません。どこにでも街灯のある東京で暮らす人にとってはこの暗闇と誰もいない状況こそが恐怖。

池の南側にある神社と鳥居。

天然記念物に指定され、環境が保護されている三宝寺池。鳥やらよくわからん生き物が泳いでいます。
バシャバシャバシャ!
と水面で暴れてみたり、
ガサガサガサ!
と草むらを駆けてみたり。
事前に調べた心霊現象には、得体の知れないものが池の中から這い上がってくる気配を感じたというものがあったが・・・・。

 

事前の勉強で、水面を覗き込むと「女性のにらむ顔」や「何か得体の知れないもの」が映り込むということだったが・・・らしきモノは発見できず・・・。

 

あまりにも照姫の気配がないので、照姫さんを祀ると言う姫塚へ向かう。が、何の異常もない。

むしろ、「何か得体の知れないモノ」の存在は石神井池の方で感じたのだが、照姫さんは石神井池に散歩中なのであろうか?なんとも拍子抜けの結果である。

怖い思いはしたくはなかったのだが、あまりにも何も起こらなすぎて拍子抜けの結果に。仕方なく忠犬ちゅら公のリードを引きながら帰路につく。

僕には全く照姫さんの気配は感じられなかったのだが、一人の男には見えていたらしい。

翌日、忠犬ちゅら公からLineで1枚の画像が送られてくる。

どうやら、彼にはこの中に照姫様が見えるらしい。僕はいくら目を皿にして探そうとも発見することはできなかった。純粋な子供にしか見えない某ジブリキャラクターのように、選ばれた人間にしか見えない存在というものがあるのだろう。

喜んでもらえて何よりである。 

.

.

.

.

本当に何よりである。

No Tsuri-ba! No Life!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/IMG_6763-1.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/IMG_6763-1-150x150.jpgishizaki釣りTALKザリガニ,心霊,石神井こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 【心霊+釣り】忠犬ちゅら公召喚!コンドーム浮きで姫を誘う・・・の続きです。 照姫さんの本拠地である公園の西側、三宝寺池に向かいます。向かう途中、ひょうたん池付近でちょっとザリガニを釣ることに。昼間は子供たちで賑やかだったひょうたん池も照姫さんを恐れたのか、ザリガニ釣りなどする人はおらず。 実は昼間ザリガニ釣りをしようかとも思ったのですが、少年少女が楽しむ中でおっさん一人せっせと彼・彼女らの遊び相手を乱獲するのは気が引けたのです。 それに、今までの経験上、エビっぽいやつは夜活発に動きだすことを知っていたので、夜でも問題ないだろうと後回しにしていました。 案の定ライトを当ててみるとうじゃうじゃいます。 昼間の親子達がおいて行ったザリガニ仕掛けを回収し、再利用。    ヘッドライトをつけたおっさん二人、更にそこにたまたま知り合ったおっさん一人を加えた3匹のおっさんは真夜中のひょうたん池でバシャバシャ。ちょっとした心霊現象よりも恐ろしい光景であろうが、大きなザリガニを釣り上げることができ、まぁ楽しむことができました。 いよいよ三宝寺池に突入。   とにかく暗い・・・。僕の持っているボロいiphoneでは、暗すぎて心霊写真どころかうまく撮影することができません。どこにでも街灯のある東京で暮らす人にとってはこの暗闇と誰もいない状況こそが恐怖。 池の南側にある神社と鳥居。 天然記念物に指定され、環境が保護されている三宝寺池。鳥やらよくわからん生き物が泳いでいます。 バシャバシャバシャ! と水面で暴れてみたり、 ガサガサガサ! と草むらを駆けてみたり。 事前に調べた心霊現象には、得体の知れないものが池の中から這い上がってくる気配を感じたというものがあったが・・・・。   事前の勉強で、水面を覗き込むと「女性のにらむ顔」や「何か得体の知れないもの」が映り込むということだったが・・・らしきモノは発見できず・・・。   あまりにも照姫の気配がないので、照姫さんを祀ると言う姫塚へ向かう。が、何の異常もない。 むしろ、「何か得体の知れないモノ」の存在は石神井池の方で感じたのだが、照姫さんは石神井池に散歩中なのであろうか?なんとも拍子抜けの結果である。 怖い思いはしたくはなかったのだが、あまりにも何も起こらなすぎて拍子抜けの結果に。仕方なく忠犬ちゅら公のリードを引きながら帰路につく。 僕には全く照姫さんの気配は感じられなかったのだが、一人の男には見えていたらしい。 翌日、忠犬ちゅら公からLineで1枚の画像が送られてくる。 どうやら、彼にはこの中に照姫様が見えるらしい。僕はいくら目を皿にして探そうとも発見することはできなかった。純粋な子供にしか見えない某ジブリキャラクターのように、選ばれた人間にしか見えない存在というものがあるのだろう。 喜んでもらえて何よりである。  . . . . 本当に何よりである。 No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン