こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

石神井公園での心霊釣行の続きです。
石神井公園も闇に包まれ出し、これからいよいよ夜の釣行開始。照姫さんが起き出す時間になりました。

今一度確認しておきたいのは、僕は心霊とかそう言った類は苦手なのです。編集長から心霊釣行を命じられ、その傍らでケラケラ笑っていたGM。彼らの言葉なきメッセージを受けとって心霊釣行を実施しているにすぎないのです。「精霊のご加護」などと言って、さも楽しそうに釣りをしているように見えても、それは自己洗脳により恐怖心を抑える方便にすぎない。

特に今回は事前に心霊現象を調査し、youtubeで現場の雰囲気を想像してしまっているのでマジで怖い。

普段なら一人で特攻するのだが、今回ばかりは助っ人の存在が是非欲しいところ。幸いにも僕はシェアハウスに住んでいるので、マンパワーの調達には事欠かないのだ。

まず考えられたのが同居人Cことマテ穴パイセン。彼は先日の江戸川潮干狩りでマテガイの採り方を偉そうに力説していた男である。彼は心霊が大の苦手であり、リビングのテレビで心霊ネタが流れようもんなら即刻自分のベッドに退散するほどのビビリなのである。長年培ってきた我が表現技法をもってしても彼の警戒心を解き、石神井まで引っ張ってくることは難しいと考えたため、彼の動員は断念。

次に考えられたのが、同居人H。同居人Hは、ナマケモノと共謀し、岩淵水門で釣ってきたウナギをゴミ箱にポイした共犯者である。ただ、ナマケモノと異なりウナギをポイしたことに罪の意識を感じているらしく、ウナギネタを持ち出すと何も言えなくなってしまうらしい。そこでウナギネタで脅して同居人Hをかりだそうとしたのだが、日が悪かった。彼は前日に財布を落としてカード類と現金を全て失って意気消沈しており、当時の彼の精神状態で石神井に突入したら本当に照姫パラダイスに逝ってしまうことが想像されたのだ。僕もそこまで鬼ではないので、彼の動員も断念。

だが、僕はとても使い勝手のいい駒を持っている。それは、同居人Dことちゅらさん。僕は沖縄人ばかりの解体屋でバイトをしたことがあるのだが、気性の荒い人ばかりで沖縄の人はみんなそんな感じかなぁと思っていたのです。ですが、ちゅらさんはそれとは真逆でとてもゆったりとした空気の流れる優しい人物。「お願い」と言われると断れないタイプで、蒲焼さん太郎を巻き上げたり、死んだ貝の処理を丸投げしたり、と色々好き勝手に利用させて頂いている人物である。

今回も彼を利用させていただくこととし、翌日は朝早くから仕事だというちゅらさんに、LINE上にて家から電車で1時間ほどの所にある石神井公園への召喚命令を発令。すると、

   

そうです。彼は忠犬ちゅら公なのである。

18:00頃、忠犬ちゅら公と合流し、釣行を開始。

竿の2本に加え、ペットボトル仕掛け一つをセットして照姫さんを待つ。


加えて、先日作成したコンドームウキをセットし、照姫さんを誘惑。

本来(?)の用途であるウキとして使用することも考えたが、周囲は高級住宅街の上、厳しめのルールが敷かれた石神井公園。通報のされる可能性が高いと考えため、インテリアとして使用するにとどめることに。

30分、1時間と待ち続けるが、到来するのはバスとギルのみ。心霊釣行はもはや美さんとの雑談会に様がわりしかけていた。が、20:00頃。

カランカランカラン!

ペット仕掛けが転がる!

照姫か?!

僕と美さんはすぐに出迎え態勢へ。ペットボトルの糸を手繰り寄せる。


【本気?釣り】ウナギ釣りのはずが・・・●●ポンおじいちゃんに夢中②(北区岩淵・志茂)

写真を撮りそこなってしまったが、正体は岩淵橋で出会ったすっぽんおじいちゃん!前回は逃した後に「くっとけばよかった!」と死ぬほど後悔したのだが・・・

まさかの針ハズレ・・・・。

数少ないすっぽん実食のチャンスをまたも逃して落胆。

落胆していると、不意に

パァアン!

典型的な心霊現象、ラップ音が発生。

照姫か!?照姫がゴムに穴開けたんか?!

ゴムに穴を開けるとはなんともお転婆なお姫様でしょう。そう美さんと話しながら釣りを続行するも・・・

アタリなし。

その後、21:30になったところで納竿し、照姫さんが住まう三宝寺池にこちらから出向くことに。

No Tsuri-ba! No Life!

【心霊調査】ザリガニ釣り、のち心霊調査。見える人には見えるらしい(三宝寺池)


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/11f0b9aaf62b461b2999d183ef15d43f.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/11f0b9aaf62b461b2999d183ef15d43f-150x150.jpgishizaki釣りTALKすっぽん,コンドーム,心霊,石神井こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 石神井公園での心霊釣行の続きです。 石神井公園も闇に包まれ出し、これからいよいよ夜の釣行開始。照姫さんが起き出す時間になりました。 今一度確認しておきたいのは、僕は心霊とかそう言った類は苦手なのです。編集長から心霊釣行を命じられ、その傍らでケラケラ笑っていたGM。彼らの言葉なきメッセージを受けとって心霊釣行を実施しているにすぎないのです。「精霊のご加護」などと言って、さも楽しそうに釣りをしているように見えても、それは自己洗脳により恐怖心を抑える方便にすぎない。 特に今回は事前に心霊現象を調査し、youtubeで現場の雰囲気を想像してしまっているのでマジで怖い。 普段なら一人で特攻するのだが、今回ばかりは助っ人の存在が是非欲しいところ。幸いにも僕はシェアハウスに住んでいるので、マンパワーの調達には事欠かないのだ。 まず考えられたのが同居人Cことマテ穴パイセン。彼は先日の江戸川潮干狩りでマテガイの採り方を偉そうに力説していた男である。彼は心霊が大の苦手であり、リビングのテレビで心霊ネタが流れようもんなら即刻自分のベッドに退散するほどのビビリなのである。長年培ってきた我が表現技法をもってしても彼の警戒心を解き、石神井まで引っ張ってくることは難しいと考えたため、彼の動員は断念。 次に考えられたのが、同居人H。同居人Hは、ナマケモノと共謀し、岩淵水門で釣ってきたウナギをゴミ箱にポイした共犯者である。ただ、ナマケモノと異なりウナギをポイしたことに罪の意識を感じているらしく、ウナギネタを持ち出すと何も言えなくなってしまうらしい。そこでウナギネタで脅して同居人Hをかりだそうとしたのだが、日が悪かった。彼は前日に財布を落としてカード類と現金を全て失って意気消沈しており、当時の彼の精神状態で石神井に突入したら本当に照姫パラダイスに逝ってしまうことが想像されたのだ。僕もそこまで鬼ではないので、彼の動員も断念。 だが、僕はとても使い勝手のいい駒を持っている。それは、同居人Dことちゅらさん。僕は沖縄人ばかりの解体屋でバイトをしたことがあるのだが、気性の荒い人ばかりで沖縄の人はみんなそんな感じかなぁと思っていたのです。ですが、ちゅらさんはそれとは真逆でとてもゆったりとした空気の流れる優しい人物。「お願い」と言われると断れないタイプで、蒲焼さん太郎を巻き上げたり、死んだ貝の処理を丸投げしたり、と色々好き勝手に利用させて頂いている人物である。 今回も彼を利用させていただくこととし、翌日は朝早くから仕事だというちゅらさんに、LINE上にて家から電車で1時間ほどの所にある石神井公園への召喚命令を発令。すると、     そうです。彼は忠犬ちゅら公なのである。 18:00頃、忠犬ちゅら公と合流し、釣行を開始。 竿の2本に加え、ペットボトル仕掛け一つをセットして照姫さんを待つ。 加えて、先日作成したコンドームウキをセットし、照姫さんを誘惑。 本来(?)の用途であるウキとして使用することも考えたが、周囲は高級住宅街の上、厳しめのルールが敷かれた石神井公園。通報のされる可能性が高いと考えため、インテリアとして使用するにとどめることに。 30分、1時間と待ち続けるが、到来するのはバスとギルのみ。心霊釣行はもはや美さんとの雑談会に様がわりしかけていた。が、20:00頃。 カランカランカラン! ペット仕掛けが転がる! 照姫か?! 僕と美さんはすぐに出迎え態勢へ。ペットボトルの糸を手繰り寄せる。 【本気?釣り】ウナギ釣りのはずが・・・●●ポンおじいちゃんに夢中②♪(北区岩淵・志茂) 写真を撮りそこなってしまったが、正体は岩淵橋で出会ったすっぽんおじいちゃん!前回は逃した後に「くっとけばよかった!」と死ぬほど後悔したのだが・・・ まさかの針ハズレ・・・・。 数少ないすっぽん実食のチャンスをまたも逃して落胆。 落胆していると、不意に パァアン! 典型的な心霊現象、ラップ音が発生。 照姫か!?照姫がゴムに穴開けたんか?! ゴムに穴を開けるとはなんともお転婆なお姫様でしょう。そう美さんと話しながら釣りを続行するも・・・ アタリなし。 その後、21:30になったところで納竿し、照姫さんが住まう三宝寺池にこちらから出向くことに。 No Tsuri-ba! No Life! 【心霊調査】ザリガニ釣り、のち心霊調査。見える人には見えるらしい(三宝寺池)家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン