こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

今回は新たに釣り場をご紹介。
場所は晴海臨海公園!

最近は月島、勝どき、豊海と釣り場の調査を行ってきましたが、今回はそれらの地区の南に位置する晴海を調査。その晴海地区の中でも南東に位置する晴海臨海公園をご紹介。晴海の他の釣り場は後日紹介しますね。

 

●アクセス

電車でいく場合は、都営大江戸線勝どき駅又は月島駅、ゆりかもめ新豊洲駅又は市場前駅が近いです。春海屋釣具店に寄っていかれる場合には、月島駅10番出口を出てすぐです。僕は帰宅時に勝どき駅から帰ったのですが、徒歩13分で着きました。
バスで行かれる場合には、春海3丁目駅や春海区民館前駅等で下車。
車で行かれる場合にも近くに有料駐車場があります。
駐輪場は春海運動公園のメインエリアにありますが、釣りができる水辺エリアへの乗り入れは禁止されていますので注意しましょう。

●釣れる魚
ネットをさまよって情報を探ると、シーバス、アナゴ、クロダイ、ハゼ、サバ、メバル、カレイ、ハゼ等が釣れるよう。中でもシーバスの釣果が良いみたいで、この前釣りに行った時も近くの釣り人がヘチのウキ釣りで30〜40cm程のシーバスを2匹ゲットしておられれました。ちなみに僕はここで魚を釣ったことがありません(実釣記事はこちら)。

●公園ルール
公園ルールも豊海臨海公園と同じく中央区が定めている。
①自動車・バイクの取り入れは禁止
②爆竹や打ち上げ花火等は禁止
③物品の販売、広告や宣伝禁止
④園内で犬を放すの禁止。糞は持ち帰れ。
⑤鳩や猫への餌やり禁止。
⑥寝泊まり、焚き火、炊事等の禁止
⑦園内禁煙
⑧深夜に騒ぐのはやめましょう。
⑨他の公園利用者や近隣に迷惑になるような行為禁止

 

●公園マップ

●釣り場について
晴海臨海公園での釣りは隅田川河口の豊洲運河での釣りになります。
深さは竿下でも5〜6m程あり、時間帯によっては潮の流れも早い。高めのフェンスが設けられているが、お子様連れの場合は目を話さないようにするのと、最寄のハシゴと救命浮き輪の位置は要チェック。


釣りのポイントになるのは公園の水辺テラス部分。晴海大橋以西は工事中で立ち入りができない。現在立ち入り可能なのは晴海大橋以東のみだが、それでもおおよそ500mに渡り釣りが可能。あまり混雑するということもなさそうだし、ゆったりとした釣りがしたい人や、広範囲でランガンしたいアングラーにとってはいい場所かもしれない。ベンチも設けられている。

対岸には何かと話題の豊洲地区。

夜景もすごく綺麗なので、夜は景色を楽しめながらの釣りもいいですね。夜は街灯もついていますが、仕掛け作成時は苦労するのでヘッドライト等を持っていくと便利。

●その他施設
公園の最も西側には運動広場、遊具、公衆トイレ等があります。晴海大橋のすぐ横に位置する。

運動公園。


遊具などがある広場。


公衆トイレ。

水辺テラスのバックには緑が広がる。昼にはセミが鳴き、夜にはコウロギが歌う癒される環境。

利用者も実に気品漂う。

●西側のポイント
現状では晴海大橋以西は工事のため立ち入りができない。したがって、晴海大橋下が晴海臨海公園で最西のポイントになる。
大きな橋の下ということで変化に富んでおり、大物ゲッットが期待できそう。僕が目撃した釣り人もこのポイントで30〜40cm程のシーバスを2匹ゲットしていた。

またこのポイントのいいところは利便性。トイレや運動公園があるエリアのすぐ近くなので、急な便意に怯えることなく釣りが楽しめる。
また、僕が実釣した時はゲリラ豪雨に襲われ、釣りを一時中断せざるをえなかった。その時に橋下くらいしか雨宿りをするスペースが見つからなかったのだが、橋下に陣取っている釣り人だけは平然と釣りを続けていた。

 

●東側のポイント
晴海臨海公園の最東部分は運河の幅が急激に広がり始める部分で、それなりの変化があるポイントといえそう。
ただし、トイレや運動公園などの中心エリアは最西の晴海大橋隣に位置しており、そこまで約約500m程だそうなので注意。

 

 

No Tsuri-ba! No Life!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/07/IMG_3277-1.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/07/IMG_3277-1-150x150.jpgishizaki釣りTALKアナゴ,クロダイ,シーバス,ハゼ,メバル,中央区,晴海こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 今回は新たに釣り場をご紹介。 場所は晴海臨海公園! 最近は月島、勝どき、豊海と釣り場の調査を行ってきましたが、今回はそれらの地区の南に位置する晴海を調査。その晴海地区の中でも南東に位置する晴海臨海公園をご紹介。晴海の他の釣り場は後日紹介しますね。   ●アクセス 電車でいく場合は、都営大江戸線勝どき駅又は月島駅、ゆりかもめ新豊洲駅又は市場前駅が近いです。春海屋釣具店に寄っていかれる場合には、月島駅10番出口を出てすぐです。僕は帰宅時に勝どき駅から帰ったのですが、徒歩13分で着きました。 バスで行かれる場合には、春海3丁目駅や春海区民館前駅等で下車。 車で行かれる場合にも近くに有料駐車場があります。 駐輪場は春海運動公園のメインエリアにありますが、釣りができる水辺エリアへの乗り入れは禁止されていますので注意しましょう。 ●釣れる魚 ネットをさまよって情報を探ると、シーバス、アナゴ、クロダイ、ハゼ、サバ、メバル、カレイ、ハゼ等が釣れるよう。中でもシーバスの釣果が良いみたいで、この前釣りに行った時も近くの釣り人がヘチのウキ釣りで30〜40cm程のシーバスを2匹ゲットしておられれました。ちなみに僕はここで魚を釣ったことがありません(実釣記事はこちら)。 ●公園ルール 公園ルールも豊海臨海公園と同じく中央区が定めている。 ①自動車・バイクの取り入れは禁止 ②爆竹や打ち上げ花火等は禁止 ③物品の販売、広告や宣伝禁止 ④園内で犬を放すの禁止。糞は持ち帰れ。 ⑤鳩や猫への餌やり禁止。 ⑥寝泊まり、焚き火、炊事等の禁止 ⑦園内禁煙 ⑧深夜に騒ぐのはやめましょう。 ⑨他の公園利用者や近隣に迷惑になるような行為禁止   ●公園マップ ●釣り場について 晴海臨海公園での釣りは隅田川河口の豊洲運河での釣りになります。 深さは竿下でも5〜6m程あり、時間帯によっては潮の流れも早い。高めのフェンスが設けられているが、お子様連れの場合は目を話さないようにするのと、最寄のハシゴと救命浮き輪の位置は要チェック。 釣りのポイントになるのは公園の水辺テラス部分。晴海大橋以西は工事中で立ち入りができない。現在立ち入り可能なのは晴海大橋以東のみだが、それでもおおよそ500mに渡り釣りが可能。あまり混雑するということもなさそうだし、ゆったりとした釣りがしたい人や、広範囲でランガンしたいアングラーにとってはいい場所かもしれない。ベンチも設けられている。 対岸には何かと話題の豊洲地区。 夜景もすごく綺麗なので、夜は景色を楽しめながらの釣りもいいですね。夜は街灯もついていますが、仕掛け作成時は苦労するのでヘッドライト等を持っていくと便利。 ●その他施設 公園の最も西側には運動広場、遊具、公衆トイレ等があります。晴海大橋のすぐ横に位置する。 運動公園。 遊具などがある広場。 公衆トイレ。 水辺テラスのバックには緑が広がる。昼にはセミが鳴き、夜にはコウロギが歌う癒される環境。 利用者も実に気品漂う。 ●西側のポイント 現状では晴海大橋以西は工事のため立ち入りができない。したがって、晴海大橋下が晴海臨海公園で最西のポイントになる。 大きな橋の下ということで変化に富んでおり、大物ゲッットが期待できそう。僕が目撃した釣り人もこのポイントで30〜40cm程のシーバスを2匹ゲットしていた。 またこのポイントのいいところは利便性。トイレや運動公園があるエリアのすぐ近くなので、急な便意に怯えることなく釣りが楽しめる。 また、僕が実釣した時はゲリラ豪雨に襲われ、釣りを一時中断せざるをえなかった。その時に橋下くらいしか雨宿りをするスペースが見つからなかったのだが、橋下に陣取っている釣り人だけは平然と釣りを続けていた。   ●東側のポイント 晴海臨海公園の最東部分は運河の幅が急激に広がり始める部分で、それなりの変化があるポイントといえそう。 ただし、トイレや運動公園などの中心エリアは最西の晴海大橋隣に位置しており、そこまで約約500m程だそうなので注意。     No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン