こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです!

今回は砂町、葛西、旧江戸川でブッコミ釣りをしてきました。
最近は釣行に行く余裕がなく、その上足元スキル向上に勤しんでいた結果、潮干狩りやらザリガニ採りやらの日々。
個人的には楽しんではいたのですが、そろそろ釣りに行かないとGMと編集長に殴られそうなので。
後でウキ釣りをする予定ではいたのですが、とりあえずはブッこんで「なんか釣る」ことにしました。

砂町水辺公園にて。

来ず。。

移動。

葛西臨海公園。

さっさとこいやっ!!!

いどぅっ!!!


旧江戸川河口。

来た!

移動後一発目で釣れたのは15cm程のスズキの赤ちゃん。これまで、アタリが皆無だっただけに、反応の良さに感激。

今まではマズメが釣れるとか、〇〇は夜しか釣れん、とかそーゆーのはあまり信じていなかったのですが、やはりスズキに関してはマズメ~夜が一番釣れますね。

とりあえず、出だし?は好調!来る途中でちらほら目撃した怪魚サイズのスズキが釣れるのも時間の問題と思われました。

思われたのですが・・・



 

赤ちゃんスズキのオンパレード・・・。

少し前までのハゼしか釣れない暗黒時代には、スズキの赤ちゃんが釣れて大喜びしていたものだが、これからはスズキの赤ちゃん地獄の到来の予感。

しかし、途中で変なアタリ。

スズキの赤ちゃんのアタリは竿先がチョンチョンチョン・・・と小さいアタリですが激しめに動く。だが、今回は、「グゥ~~~~~~、ピタ」というようなのっそりとしたアタリ。ここで思いだされたのが、赤水門でのウナギのアタリ

これはウナギかもしれない!

とにかく赤ちゃんスズキじゃないと確信し、慎重にアタリを見ます。

数十秒膠着状態が続いた後、

「クイッ」

という竿先の変化があったので鬼合わせ。

重い!重すぎる!

この大物を逃してはならない。「ガッガッガッ」と三連続の鬼合わせで確実に食い込ませます。

重い!重すぎる・・・重すぎねぇか?

お察しの通り、お相手は母なるガイアである。

魚がかかったのは確かであろうが、愚かにも鬼合わせを繰り返した結果、おそらく魚と仕掛けの回収は不可能だと思われた。

ただ、四連続の鬼合わせからの根掛かりという無様な姿を人に見られなかったことは唯一の救いか・・・夜でよかった。

                                                       .

諦めきれず、糸を張ったまま約10分放置。すると・・・

奇跡。

竿が元に戻って糸がたるんでいるじゃぁありませんか!

奇跡だ・・・そうだよ、地獄なんて所詮人間が想像する仮想世界に過ぎないのだ。

もう一回かましとくか・・・・鬼合わせ!

よし!根から外れてる!でも

軽い!なんだこの小さな生命は!?

でもでも赤水門でのウナギも引きもこんな感じだったし、経験的には糸先についている魚はウナギで間違いない!

・・・

糸を巻きまきまき

・・・

まきまきまきまき

・・・

・・・まきまき

ん?

・・・

見えてきた!

奇跡の価値は!?

奇跡の価値、それはこれから歩むスズキ赤ちゃん地獄道の入り口。

行って参ります。お元気で。

No Tsuri-ba! No Life!


http://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/IMG_7114.jpghttp://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2017/08/IMG_7114-150x150.jpg友益石崎荒川のシーバスフィッシングシーバス,スズキ,江戸川,砂町,荒川,葛西こんにちわ!ツリーバライターのイシザキです! 今回は砂町、葛西、旧江戸川でブッコミ釣りをしてきました。 最近は釣行に行く余裕がなく、その上足元スキル向上に勤しんでいた結果、潮干狩りやらザリガニ採りやらの日々。 個人的には楽しんではいたのですが、そろそろ釣りに行かないとGMと編集長に殴られそうなので。 後でウキ釣りをする予定ではいたのですが、とりあえずはブッこんで「なんか釣る」ことにしました。 砂町水辺公園にて。 来ず。。 移動。 葛西臨海公園。 さっさとこいやっ!!! いどぅっ!!! 旧江戸川河口。 来た! 移動後一発目で釣れたのは15cm程のスズキの赤ちゃん。これまで、アタリが皆無だっただけに、反応の良さに感激。 今まではマズメが釣れるとか、〇〇は夜しか釣れん、とかそーゆーのはあまり信じていなかったのですが、やはりスズキに関してはマズメ~夜が一番釣れますね。 とりあえず、出だし?は好調!来る途中でちらほら目撃した怪魚サイズのスズキが釣れるのも時間の問題と思われました。 思われたのですが・・・   赤ちゃんスズキのオンパレード・・・。 少し前までのハゼしか釣れない暗黒時代には、スズキの赤ちゃんが釣れて大喜びしていたものだが、これからはスズキの赤ちゃん地獄の到来の予感。 しかし、途中で変なアタリ。 スズキの赤ちゃんのアタリは竿先がチョンチョンチョン・・・と小さいアタリですが激しめに動く。だが、今回は、「グゥ~~~~~~、ピタ」というようなのっそりとしたアタリ。ここで思いだされたのが、赤水門でのウナギのアタリ。 これはウナギかもしれない! とにかく赤ちゃんスズキじゃないと確信し、慎重にアタリを見ます。 数十秒膠着状態が続いた後、 「クイッ」 という竿先の変化があったので鬼合わせ。 重い!重すぎる! この大物を逃してはならない。「ガッガッガッ」と三連続の鬼合わせで確実に食い込ませます。 重い!重すぎる・・・重すぎねぇか? お察しの通り、お相手は母なるガイアである。 魚がかかったのは確かであろうが、愚かにも鬼合わせを繰り返した結果、おそらく魚と仕掛けの回収は不可能だと思われた。 ただ、四連続の鬼合わせからの根掛かりという無様な姿を人に見られなかったことは唯一の救いか・・・夜でよかった。                                                        . 諦めきれず、糸を張ったまま約10分放置。すると・・・ 奇跡。 竿が元に戻って糸がたるんでいるじゃぁありませんか! 奇跡だ・・・そうだよ、地獄なんて所詮人間が想像する仮想世界に過ぎないのだ。 もう一回かましとくか・・・・鬼合わせ! よし!根から外れてる!でも 軽い!なんだこの小さな生命は!? でもでも赤水門でのウナギも引きもこんな感じだったし、経験的には糸先についている魚はウナギで間違いない! ・・・ 糸を巻きまきまき ・・・ まきまきまきまき ・・・ ・・・まきまき ん? ・・・ 見えてきた! 奇跡の価値は!? 奇跡の価値、それはこれから歩むスズキ赤ちゃん地獄道の入り口。 行って参ります。お元気で。 No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン