どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。

いよいよ3月も後半、見えるバチ抜けシーズンも終盤となりこの大きな潮回りでどうなるかと行ったところだ。今年はほどよく湧いてほどよくシーバスが入ってきていたように感じているが如何せんこの一ヶ月のズーボーっぷりはいつも通りと言えばいつも通りだが、やはり辛いものである。

ご存知の通り、荒川中流域はバチ抜けが終わると厳しい厳しいマイクロベイトシーズンへと突入するわけだがそんな時に有効なルアー、技がいくつかある。

 

その1
夜のゆっくりバイブ

これはリフト&フォールではあるのだが小さめのバイブを使い、ロッドを立ててゆっくりゆっくりやるのだ。ワタシはフィンテールバイブがお気に入りである。なんと言ってもあのフィンが効いているのではないかと言う気がするのだが、去年もこのパターンで開始早々に60UPを二匹連続で釣ると言う奇跡が起きた。

その2
日中のツンツンバイブ

日中にレンジバイブやナレージなど小さめのバイブを使い割と高速でトゥイッチしながら高速で巻くのだ。これは小さなベイトを追いかけて入ってきているシーバスを狙うのでキワッキワが効果的である。

その3
小さめワームでゆっくりツンツン

シンゾーベイトやミニカリあたりが有名かと思うが、小さめのワームでストラクチャーに着いたシーバスをフワフワと泳ぐワームで刺激するのだ。もちろんその1の技との融合も効果的。アミが天の川よろしくブワーっと筋を作っている中でグラスミノーLサイズで釣れることもあるので一概に小さければ良いと言う訳でもないのだが、マッチザベイトを考えると小さめが良いと言うことになるだろう。

 

今回は上記その3をツリーバ編集部へ出向社員としてやってきたペチもと ペチろーさんに荒川で挑戦して頂こうと言うわけだ。

編「と言うわけで、ちょっとこっちに来てくれるかな」

ペ「はい、ペチもとです!」

えっ!?なんでそんなところにいるの?なんか色変だし。。。

編「えー、マイクロベイトパターンに備えてペチもとさんにはこの任務を与える!」

編「ちょっとチクっとするよぉ〜」

え。。。色が変わった。。。なんでピンク色。。。

ペ「え、ちょっと、やめてくださいよ!」

編「ほらほら、動いたらあぶないよぉ〜」

ペ「やめてくださいって!」

ペ「あっ♪」

ペ「ぐ、ぐるじいでずぅ〜」

ペ「(;´Д`)ハァハァ」

こうしてミニカリ用のジグヘッドに刺さってしまったペチろーさん。

なんで一人うつ伏せ。。。

何はともあれ、バチ抜けは勿論のこと、次のステージであるマイクロベイトパターンにも挑戦していただく事が決定した。

オラ、ワクワクすっぞ!

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2018/03/9D8BC008-10C0-419D-803E-8AC4635F0F1F.jpeghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2018/03/9D8BC008-10C0-419D-803E-8AC4635F0F1F-150x150.jpegtsuri-ba荒川のシーバスフィッシングシーバス,バチ抜け,ペチもとペチろー,マイクロベイト,ルアー,ワーム,荒川どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。 いよいよ3月も後半、見えるバチ抜けシーズンも終盤となりこの大きな潮回りでどうなるかと行ったところだ。今年はほどよく湧いてほどよくシーバスが入ってきていたように感じているが如何せんこの一ヶ月のズーボーっぷりはいつも通りと言えばいつも通りだが、やはり辛いものである。 ご存知の通り、荒川中流域はバチ抜けが終わると厳しい厳しいマイクロベイトシーズンへと突入するわけだがそんな時に有効なルアー、技がいくつかある。   その1 夜のゆっくりバイブ これはリフト&フォールではあるのだが小さめのバイブを使い、ロッドを立ててゆっくりゆっくりやるのだ。ワタシはフィンテールバイブがお気に入りである。なんと言ってもあのフィンが効いているのではないかと言う気がするのだが、去年もこのパターンで開始早々に60UPを二匹連続で釣ると言う奇跡が起きた。 その2 日中のツンツンバイブ 日中にレンジバイブやナレージなど小さめのバイブを使い割と高速でトゥイッチしながら高速で巻くのだ。これは小さなベイトを追いかけて入ってきているシーバスを狙うのでキワッキワが効果的である。 その3 小さめワームでゆっくりツンツン シンゾーベイトやミニカリあたりが有名かと思うが、小さめのワームでストラクチャーに着いたシーバスをフワフワと泳ぐワームで刺激するのだ。もちろんその1の技との融合も効果的。アミが天の川よろしくブワーっと筋を作っている中でグラスミノーLサイズで釣れることもあるので一概に小さければ良いと言う訳でもないのだが、マッチザベイトを考えると小さめが良いと言うことになるだろう。   今回は上記その3をツリーバ編集部へ出向社員としてやってきたペチもと ペチろーさんに荒川で挑戦して頂こうと言うわけだ。 編「と言うわけで、ちょっとこっちに来てくれるかな」 ペ「はい、ペチもとです!」 えっ!?なんでそんなところにいるの?なんか色変だし。。。 編「えー、マイクロベイトパターンに備えてペチもとさんにはこの任務を与える!」 編「ちょっとチクっとするよぉ〜」 え。。。色が変わった。。。なんでピンク色。。。 ペ「え、ちょっと、やめてくださいよ!」 編「ほらほら、動いたらあぶないよぉ〜」 ペ「やめてくださいって!」 ペ「あっ♪」 ペ「ぐ、ぐるじいでずぅ〜」 ペ「(;´Д`)ハァハァ」 こうしてミニカリ用のジグヘッドに刺さってしまったペチろーさん。 なんで一人うつ伏せ。。。 何はともあれ、バチ抜けは勿論のこと、次のステージであるマイクロベイトパターンにも挑戦していただく事が決定した。 オラ、ワクワクすっぞ! それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!手は震え、動悸も止まらない釣りWebフリーマガジン