どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。

ツリーバをご覧のみなさんもきっと同じ悩み、あるいは反面楽しみを抱え、期待し、釣りを楽しんでいるかと思うが、釣りにおいて何か一つが掛けてしまうとそもそも釣りが必要以上に難しいものになってくる。もしくは成立しなくなる。

特に我々ルアーマンにとってなくてはならない、そもそもそれがなくては釣りにすらならないのがルアー本体だ。

ランチを節約し少ない小遣いからルアー代を捻出するお父さん、バイト代で買った時給よりも高いルアーを根掛かりで1日にいくつも無くしてしまい意気消沈する学生。

みなさん何かとルアーを買うにしても、使うにしても苦労されていることかと思う。

自作したルアーなら安上がりなのでは?と思うかもしれないが、無くした時の悲しみは買ったルアーの1億倍ぐらいだ。生み出す労力、つまり魂が篭っているからだ。それが素晴らしい釣果を叩き出している自作ルアーともなれば尚更。もはや立ち直れなくなりそうになる。

そんな我々にも強い味方と言うのはいるもので、環境問題はここでは置いておくとして、無くしてもあまり心にもお財布にも痛く無いルアーがある。

そう、それはダイソールアーだ!

釣具屋のワゴンセールで投げ売りされているルアーなど目では無い。

ひとつ100円なのだから!

作る楽しみ、それで釣る楽しみを除けば自作ルアーよりもはるかにコストパフォーマンスに優れている。

しかもそんな激安ルアーで釣れたら楽しいじゃないか!

ここ最近のシーバスは全て自作ルアーで釣っているワタシにとってはこれまで以上に魅力的に感じる。

これまで以上と表現したのは実は10年ぐらい前だろうか、慣れているホームならほとんど無くすこともないが未知の場所でバカ高いルアーを何個も無くすのが非常に懸念事項になっていた。

そこで当時噂になっていたダイソールアーを大人買いし、使ってみたのだ。使ってみたのだが、釣れるには釣れるが飛距離などは当然のように大手メーカーのものには敵わず、結局遠のいてしまった。

そんなある時である、とあるTwitterのフォロワーさんからダイソーチャレンジに参加してほしいと連絡をいただいた。

ダイソーチャレンジとは決まった期間にダイソールアーで釣りをし、釣った魚と証拠となるその期間限定の何か(今回はフリスクケース)とダイソールアーを一緒に撮影して投稿すると言うもの。

これはやるしかないでしょ!釣るしかないでしょ!

MFJライダーであるワタシの中に元々備わっている闘争心がムクムクと起き上がる。

ダイソールアーなら絶対に釣る自信がある。

だって自分で作ったルアーで釣れちゃうんだもん♪今年だって70オーバー釣ってるんだもん♪

早速近くで一番釣り具の品揃えがいいダイソーへ行き、ミノー、ポッパー、バイブを購入。

釣れるだろうけど返しが強烈すぎるフックを手持ちのバーブレスフックに交換した。

これで準備はできた。あとは釣るだけである。

結果は随時お知らせするとして、実はこれをみなさんに見ていただきたいのだ。

あれ?目が取れちゃったのかな?

いや、違う。

三つ目のバイブや!

開封せずに編集長のコレクションに追加!

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2018/10/633B8A63-3EE4-4C2A-9DA5-DEE3329F7A91.jpeghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2018/10/633B8A63-3EE4-4C2A-9DA5-DEE3329F7A91-150x150.jpegtsuri-ba荒川のシーバスフィッシングシーバス,ダイソーチャレンジ,ダイソールアー,ハンドメイドルアー,バイブ,ポッパー,ミノーモンスター,自作ルアー,荒川どうもこんにちは!ツリーバ編集長のヒビヤです。 ツリーバをご覧のみなさんもきっと同じ悩み、あるいは反面楽しみを抱え、期待し、釣りを楽しんでいるかと思うが、釣りにおいて何か一つが掛けてしまうとそもそも釣りが必要以上に難しいものになってくる。もしくは成立しなくなる。 特に我々ルアーマンにとってなくてはならない、そもそもそれがなくては釣りにすらならないのがルアー本体だ。 ランチを節約し少ない小遣いからルアー代を捻出するお父さん、バイト代で買った時給よりも高いルアーを根掛かりで1日にいくつも無くしてしまい意気消沈する学生。 みなさん何かとルアーを買うにしても、使うにしても苦労されていることかと思う。 自作したルアーなら安上がりなのでは?と思うかもしれないが、無くした時の悲しみは買ったルアーの1億倍ぐらいだ。生み出す労力、つまり魂が篭っているからだ。それが素晴らしい釣果を叩き出している自作ルアーともなれば尚更。もはや立ち直れなくなりそうになる。 そんな我々にも強い味方と言うのはいるもので、環境問題はここでは置いておくとして、無くしてもあまり心にもお財布にも痛く無いルアーがある。 そう、それはダイソールアーだ! 釣具屋のワゴンセールで投げ売りされているルアーなど目では無い。 ひとつ100円なのだから! 作る楽しみ、それで釣る楽しみを除けば自作ルアーよりもはるかにコストパフォーマンスに優れている。 しかもそんな激安ルアーで釣れたら楽しいじゃないか! ここ最近のシーバスは全て自作ルアーで釣っているワタシにとってはこれまで以上に魅力的に感じる。 これまで以上と表現したのは実は10年ぐらい前だろうか、慣れているホームならほとんど無くすこともないが未知の場所でバカ高いルアーを何個も無くすのが非常に懸念事項になっていた。 そこで当時噂になっていたダイソールアーを大人買いし、使ってみたのだ。使ってみたのだが、釣れるには釣れるが飛距離などは当然のように大手メーカーのものには敵わず、結局遠のいてしまった。 そんなある時である、とあるTwitterのフォロワーさんからダイソーチャレンジに参加してほしいと連絡をいただいた。 ダイソーチャレンジとは決まった期間にダイソールアーで釣りをし、釣った魚と証拠となるその期間限定の何か(今回はフリスクケース)とダイソールアーを一緒に撮影して投稿すると言うもの。 これはやるしかないでしょ!釣るしかないでしょ! MFJライダーであるワタシの中に元々備わっている闘争心がムクムクと起き上がる。 ダイソールアーなら絶対に釣る自信がある。 だって自分で作ったルアーで釣れちゃうんだもん♪今年だって70オーバー釣ってるんだもん♪ 早速近くで一番釣り具の品揃えがいいダイソーへ行き、ミノー、ポッパー、バイブを購入。 釣れるだろうけど返しが強烈すぎるフックを手持ちのバーブレスフックに交換した。 これで準備はできた。あとは釣るだけである。 結果は随時お知らせするとして、実はこれをみなさんに見ていただきたいのだ。 あれ?目が取れちゃったのかな? いや、違う。 三つ目のバイブや! 開封せずに編集長のコレクションに追加! それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!家族みんなが笑顔になる釣りWebフリーマガジン