こんにちわ。ナカガワです。
年明けからよく犬のフンを踏みます。

前回(長浜海浜公園)は興奮して調子に乗りすぎて撃沈したので、今回は少し冷静になるため、あるポイントの視察に行ってきました。

【江梨海岸】

冬のある土曜日

15:00

西伊豆の大瀬崎の手前、車で走ってると結構な確率で素通りしてしまいそうな小さな漁港と海岸があります。そこが江梨海岸です。

この道はそもそも交通量が夏以外は爆発的に少なくなるのと、皆大瀬崎にダイビングに向かうというのがメインなので、釣り客以外はだいたい素通りしていくコースなのです。

とはいえ伊豆の西方面は駿河湾なので、地形的に水深がいきなり深いポイントが多く、釣りのポイントも点在しています。

その中の一個がここ、江梨です。前から気になってましたが初めて来ました。

釣りで有名なのは左側に見える堤防で、ここでほとんどのみなさんがアオリイカを狙っていると思われます。

とはいえ僕は興味がなかったりするので、さっそく海岸の様子をチェックです。

駐車場ですが、海岸と反対側にのぼりが立っていて、15台くらいは停まれるでしょうか。この時期の料金は500円/日でした。
係の方に聞いたところ、BBQは年間を通じて禁止みたいなんで、気をつけてくださいね。

良い感じに人気のない海岸で、大変僕好みです。

良い感じにリアスってるので、波もほぼ立たない感じ。

しかしあれです、見えてないけど目の前に鎮座してるのは富士山です。絶景です。
ここで投げて釣れたら気持ち良いだろうなぁ。。

あれ?

身体が勝手に…

釣りを始めたよ…

ポイント視察のはずなのに。。。

 

 

 

 

 

 

1時間後

今すぐトンビに生まれ変わりたい。

 

憑き物は取れず。ズーボー街道を突き進んでいます。

 

ただひたすらに。たたひたすらに。

というより、発作的にポイントを探して、発作的に釣り始めるのがいけない気がしています。

情報は命。良く見渡すと水深が浅すぎる気がします…。

このテトラ帯か、長靴で浜の奥まで分け入って投げたらいける気もします。

それ以前に、
読者の方から

 

「近くにある堤防から投げれば良いのではないか」

 

とアドバイスをいただいたのにも関わらず、またやってしまいました。

ダメ。ゼッタイ。

きっと次もボウズです。

▼ナカガワ青春の歩み
稲取篇
平塚篇
鍋田浜篇
長浜海浜公園篇


https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/01/bc76deb2f59c23730aeaf37aaf70e713.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/01/bc76deb2f59c23730aeaf37aaf70e713-150x150.jpgtsuri-ba海釣り三島,伊豆,江梨,海釣りこんにちわ。ナカガワです。 年明けからよく犬のフンを踏みます。 前回(長浜海浜公園)は興奮して調子に乗りすぎて撃沈したので、今回は少し冷静になるため、あるポイントの視察に行ってきました。 【江梨海岸】 冬のある土曜日 15:00 西伊豆の大瀬崎の手前、車で走ってると結構な確率で素通りしてしまいそうな小さな漁港と海岸があります。そこが江梨海岸です。 この道はそもそも交通量が夏以外は爆発的に少なくなるのと、皆大瀬崎にダイビングに向かうというのがメインなので、釣り客以外はだいたい素通りしていくコースなのです。 とはいえ伊豆の西方面は駿河湾なので、地形的に水深がいきなり深いポイントが多く、釣りのポイントも点在しています。 その中の一個がここ、江梨です。前から気になってましたが初めて来ました。 釣りで有名なのは左側に見える堤防で、ここでほとんどのみなさんがアオリイカを狙っていると思われます。 とはいえ僕は興味がなかったりするので、さっそく海岸の様子をチェックです。 駐車場ですが、海岸と反対側にのぼりが立っていて、15台くらいは停まれるでしょうか。この時期の料金は500円/日でした。 係の方に聞いたところ、BBQは年間を通じて禁止みたいなんで、気をつけてくださいね。 良い感じに人気のない海岸で、大変僕好みです。 良い感じにリアスってるので、波もほぼ立たない感じ。 しかしあれです、見えてないけど目の前に鎮座してるのは富士山です。絶景です。 ここで投げて釣れたら気持ち良いだろうなぁ。。 あれ? 身体が勝手に... 釣りを始めたよ... ポイント視察のはずなのに。。。             1時間後 今すぐトンビに生まれ変わりたい。   憑き物は取れず。ズーボー街道を突き進んでいます。   ただひたすらに。たたひたすらに。 というより、発作的にポイントを探して、発作的に釣り始めるのがいけない気がしています。 情報は命。良く見渡すと水深が浅すぎる気がします...。 このテトラ帯か、長靴で浜の奥まで分け入って投げたらいける気もします。 それ以前に、 読者の方から   「近くにある堤防から投げれば良いのではないか」   とアドバイスをいただいたのにも関わらず、またやってしまいました。 ダメ。ゼッタイ。 きっと次もボウズです。 ▼ナカガワ青春の歩み 稲取篇 平塚篇 鍋田浜篇 長浜海浜公園篇手は震え、動悸も止まらない釣りWebフリーマガジン