どうもこんにちは!ツリーバ船長(仮)のヒビヤです。

先日はいくつかある免許取得方法の話を書いたが、学科試験免除コースで取得するにあたり必要となる書類などがいくつかある。

と、言うのを忘れていた。

以下の書類などが必要となるので参考にしていただきたい。

1.受講申込書

2.証明写真4枚

3.住民票1通

4.身体検査証明書

5.三文判

ワタシは何を見たのか住民票2通と自動車の運転免許証コピーを提出したのだが住民票は1通でよく、自動車運転免許証コピーは不要だったようだ。

この中で一番めんどくさそうなのが身体検査証明書だ。

実際めんどくさかった。

学科試験免除コースを受ける場合には最寄りの病院で受ける必要があるのだが、主に内科領域と眼科領域が必要なのでひとつの病院で身体検査をうけることが可能なのか事前に確認するといいだろう。

まぁまぁ時間がかかる上になかなか平日に行くこともできないので、

とにかくめんどくさかった。

料金は保険適用外となるので大体3000円ぐらいだろうか。

検査内容は視力検査、色覚検査、あとは問診による聴覚、身体各部の稼働具合だ。

また、この身体検査証明書には証明写真を貼り更に医師に割り印をしてもらう必要があるので忘れないようにしたい。

試験場で一発試験を受験する場合は現地で受けることができるようだ。

初日に万一書類に不備があったり足らなかったりしても試験日まで、あるいは最終日までにあれば良いものもあるので慌てずに揃えよう。

そしてワタシはいよいよ3月3日に実技講習&試験となる。

これに合格すれば晴れて1級小型船舶操縦士となるわけだ。

もちろん国家資格である。

ただ教習所で取得する場合、免許証の交付を代行してくれるのだが手元に来るまでに一ヶ月ほどかかるようだ。

つまり、4月から正式に、俺は船長になる!

俺船!

それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life!

第三回【船舶免許への挑戦】学科試験は難しいようで緩く。緩いようで難しい。筆算がね・・・

https://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/02/captain04.jpghttps://tsuri-ba.net/wp-content/uploads/2019/02/captain04-150x150.jpgtsuri-ba釣りTALK1級小型船舶免許,2級小型船舶免許,ボートスクール,ボートフィッシング,国家試験免除,書類,船舶免許,身体検査どうもこんにちは!ツリーバ船長(仮)のヒビヤです。 先日はいくつかある免許取得方法の話を書いたが、学科試験免除コースで取得するにあたり必要となる書類などがいくつかある。 と、言うのを忘れていた。 以下の書類などが必要となるので参考にしていただきたい。 1.受講申込書 2.証明写真4枚 3.住民票1通 4.身体検査証明書 5.三文判 ワタシは何を見たのか住民票2通と自動車の運転免許証コピーを提出したのだが住民票は1通でよく、自動車運転免許証コピーは不要だったようだ。 この中で一番めんどくさそうなのが身体検査証明書だ。 実際めんどくさかった。 学科試験免除コースを受ける場合には最寄りの病院で受ける必要があるのだが、主に内科領域と眼科領域が必要なのでひとつの病院で身体検査をうけることが可能なのか事前に確認するといいだろう。 まぁまぁ時間がかかる上になかなか平日に行くこともできないので、 とにかくめんどくさかった。 料金は保険適用外となるので大体3000円ぐらいだろうか。 検査内容は視力検査、色覚検査、あとは問診による聴覚、身体各部の稼働具合だ。 また、この身体検査証明書には証明写真を貼り更に医師に割り印をしてもらう必要があるので忘れないようにしたい。 試験場で一発試験を受験する場合は現地で受けることができるようだ。 初日に万一書類に不備があったり足らなかったりしても試験日まで、あるいは最終日までにあれば良いものもあるので慌てずに揃えよう。 そしてワタシはいよいよ3月3日に実技講習&試験となる。 これに合格すれば晴れて1級小型船舶操縦士となるわけだ。 もちろん国家資格である。 ただ教習所で取得する場合、免許証の交付を代行してくれるのだが手元に来るまでに一ヶ月ほどかかるようだ。 つまり、4月から正式に、俺は船長になる! 俺船! それでは今日も、No Tsuri-ba! No Life! 第三回【船舶免許への挑戦】学科試験は難しいようで緩く。緩いようで難しい。筆算がね・・・手は震え、動悸も止まらない釣りWebフリーマガジン